アートとデザイン

モロッコ・マラケシュの超ワルっぽい女性バイカー集団の写真シリーズ「Kesh Angels」


北アフリカのイスラム教王国・モロッコのバッドアスな女性バイカー集団の写真シリーズ「Kesh Angels」です。ベルベル語で「神の国」を意味する観光都市マラケシュの若い女性たちのストリート文化やバイク文化を捉えたこの作品、乗っているバイクも興味をそそられてしまいますが、イスラム女性のイメージを思いっきり覆してしまうようなモロッコの女性バイカーたちの姿はまさに圧巻です。

ベールやサングラスで顔を覆い隠し、民族衣装・ジェラバに身を包むモロッコの若い女性たちが、バイクに跨ってポーズを決めている姿はアラブ女性の先入観を覆すに十分なインパクトがあります。モロッコと同じくイスラム教が国教となっているサウジアラビアでは女性の運転が禁止されているのですが、ここモロッコでは大きく事情が異なるようです。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

日本のいわゆるレディースというよりも、アメリカの「ヘルズ・エンジェルス」を何となくイメージしてしまうモロッコの「ケシュ・エンジェルス」。派手目の民族衣装にハート型のサングラス、そしてサンダルとイスラム女性のバッドアスでエキゾチックな姿に引き込まれてしまいます。

これらの写真はモロッコ出身イギリス在住のアーティスト Hassan Hajjaj 氏の作品です。現在、アメリカ・ニューヨークのマンハッタンにある「Taymour Grahne Gallery」にて個展が開催されています。

ソース:Hassan Hajjaj: ‘Kesh Angels – Exhibitions – Taymour Grahne

関連記事

100年以上前の北アフリカや中東のかなり貴重な女性写真 - DNA

人種差別の嵐の中でバイクに乗り続けた、アフリカ系モーターサイクルギャング達の画像 - DNA

アウトローバイカー集団「ヘルズ・エンジェルス」の1960年代の写真いろいろ - DNA

イスラム教徒を撃つための「豚の血を塗った弾丸」が物議をかもす - DNA

ものすごい勢いで周りながら神の名を唱える修行「ズィクル」を行うイスラム神秘主義・スーフィーの修行僧たち - DNA

そこは透き通った青の世界、モロッコの山に囲まれたブルーシティ「シャウエン(Chefchaouen)」 - DNA

広大なサハラ砂漠の一本道で遭遇した世にも不思議な光景 - DNA

ジョーク「盲目のカウボ-イがうっかり女性バイカーだらけのバーに入ってしまった……」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧