世界のびっくりニュース

[字幕動画]驚異のキャッチーさで一気に広まった「Keep Calm and Carry On(冷静に、戦い続けよ)」が再発見されるまで。


よい広告はキャッチーでなければいけない。その論によるなら、第2次世界大戦中に作られたイギリスの「Keep Calm and Carry On(冷静に、戦い続けよ)」はこれ以上なくシンプルで力強いものです。このデザインはいかにして「再発見」されたのでしょうか。


「Keep Calm and Carry On(冷静に、戦い続けよ)」は第二次世界大戦中のイギリスで制作された戦時宣伝用のポスター(左側)。20世紀末に再発見され、キャッチーでシンプルなデザインは様々なパロディに使われています(例:右側)。

このシンプルなデザインはいかにして発見されたのか。動画はこちらから。

下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

 

ソース:Keep Calm and Carry On | Know Your Meme

Keep Calm and Carry On – Wikipedia

関連記事

「なぜ私はあんなダサいフォントを作ったのか」- Comic Sansの制作者自らが語る - DNA

重厚かつ流麗、昔の日本の新聞広告のタイポグラフィいろいろ - DNA

2012年に開催されるロンドンオリンピックの公式ポスターが公開 - DNA

革命後のキューバで制作されたプロパガンダ・ポスターいろいろ - DNA

「クッパとともに戦おう!」もしマリオの世界にプロパガンダポスターがあったら - DNA

昭和感満点でものすごく見たくなるファンメイドトレーラー「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」 - DNA

かなりの変化を遂げた、著名な10の企業の最初と現在のロゴの比較イラスト - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧