世界のびっくりニュース

銃火器の老舗メーカー・レミントン社も「Remington2020」でデジタルガンスコープ市場に参入


先日からお伝えしている自動トリガーコントロールライフル「TrackingPoint」など、デジタルガンスコープは銃火器市場の新技術として注目されていますが、とうとう大手メーカーのレミントンが参入します。


「Remington2020」はレミントン社がTrackingPoint社から技術を供与され、製造するデジタルスコープ。本体に組み込まれた各種センサ・コンピューターが距離による弾道の落下や風、湿度などを計算し照準を補正してくれるというシステム。500ヤード(約460メートル)の有効射程をもちます。

TrackingPoint社のライフルの最大のポイントは、スコープがトリガータイミングをコントロールしてくれるところでした。「Remington2020」ではトリガーとスコープは接続されていないようです。デジタルスコープとしての意味は半減以下となりますが、色々な銃に乗せられるという汎用性も重要なのでしょうか。

Remington2020は、各種ライフルに搭載され各種調整・セッティングなどが行われた状態で出荷されます。この辺りはTrackingPointのものと同じですね。今のところはM700のロングアクションおよびショートアクション、それからAR-15の狩猟モデル、ブッシュマスター・バーミンターとなるようです。


このようなケースが付属します。

価格帯はトータルパッケージで5千ドルから6千ドル(約50~60万円)と予測されています。市場が広がればもっともっと安くなっていくと考えられます。

ソース:Shoot 2020

Shoot 2020 | Product Overview

関連記事

自動照準ライフル「TrackingPoint」で走ったり飛んだりしているあらゆるターゲットを射撃しまくっているプロモ動画 - DNA

広大な射撃場を駆け抜けつつ自動照準ライフル「TrackingPoint」を撃ちまくっているプロモ動画 - DNA

自動狙撃ライフル「TrackingPoint」の予告編でみる「スナイパーのネットワーク化」 - DNA

コンピューターで狙撃を支援する「自動照準ライフル」市場にトリジコン社も参入 - DNA

ターゲットをロック、自動でトリガーをコントロールする狙撃システム「TrackPoint」 - DNA

サイバー兵士の時代、未経験者が「自動照準ライフル」で700メートル先の的をブチ抜く動画 - DNA

EOTechのホロサイトにサーマル映像を表示できるシステム「LZAD」 - DNA

口径なんと20mm超、世界最大のライフルを撃つとこうなるという動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧