世界のびっくりニュース

[閲覧注意]世界の税関で押収されるすごく珍しい密輸品いろいろ


欲望は人の数だけ存在するので、密輸される品も実に多種多様になります。これは何に使うのだろう……と思ってしまうようなものから「こんなものまで!」と驚くようなものまで、世界中で押収されている密輸品の数々です。少し刺激が強いものもあるので閲覧には注意が必要です。


文字通りの熊の手。中華料理で使われます。中国ではロシアでの価格の10倍で売れるので密輸が絶えません。

白クマの毛皮

絶滅危惧種の魚「トトアバ」の浮袋。これも中華料理に。

象牙。装飾品としては今でも需要があるのでしょうが……

ゴビ砂漠で発見された恐竜の化石。これはすごい。

タイの税関で見つかったワニの子ども

オーストラリアからチェコに向かう荷物の中で発見されたヤモリ。

タランチュラ。うっかり荷物から出てしまったらどうするのでしょうか……。

熱帯魚をビニール袋につめて密輸しようとしたところを発見

オモチャの中に隠された違法薬物

コカインがたっぷり詰まったキャンディ

これもコカインなのですが……なんと豊胸手術の詰め物を使ったそう。

マリファナ入りの置物。

薬物「エフェドリン」で作られた置物。全部薬物とは驚きです。

パンの中にお金。マネーロンダリングのためには、持ち込んだのが記録されないようにする必要があるのです。

人身売買組織に渡ると思われるニセのパスポート。

美術品だって密輸されます。

とりあえず食欲と快楽への欲求を満たすためならなんでもやる、という人間が世の中多いようですね……この努力を他に向けてほしいものです。

ソース:The most bizarre contraband items being confiscated around the world – Quartz

関連記事

[閲覧注意]麻薬を体内に隠して密輸しようとした男のX線写真がすごい - DNA

麻薬組織の密輸用潜水艦の中はこんな風になっている - DNA

アクション満載、飛行機で逃げようとする密輸組織に車をぶつけて阻止するブラジル警察の動画 - DNA

国境をローコスト・ローリスクで一気に越える、メキシコからアメリカへの驚きの麻薬密輸方法 - DNA

[閲覧注意]ヘビや亀、トカゲなど600匹以上のは虫類をバスに持ち込んだ男が逮捕 - DNA

体の柔軟な軽業師、スーツケースに潜んでバスの貨物室で盗難をはたらき逮捕 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧