ネット・PC

リアルな挙動にこだわった自動車シム「BeamNG」のアルファ版の紹介動画


「ゲーム」と「シミュレータ」の境目がどこにあるのか。リアルさを出せば出すほど操作には専門知識が必要になるので、そのさじ加減をよく考えなければいけません。「BeamNG」は車体の「しなり」や「粘り」も計算にいれた自動車シミュレータ。びっくりするくらいのリアルな動きが楽しめます。


一人称視点は、まるで実際の車載カメラのようなリアルさ。揺れの感じがほんものそっくりです。そのかわり、三人称視点はカメラがまったくブレないので逆に違和感を感じてしまいます。自動車シム版「不気味の谷」というやつですね。

そしてクラッシュシーンが本当にリアルです。その分推奨されるPCのスペックはかなり高めになっていますが……これなら仕方ないかも。動画はこちらから。
▶ BeamNG.drive – YouTube

以下のリンクでアルファ版のファイルを入手することが可能です。

ソース:BeamNG

関連記事

ゲーム開発会社シミュレーションの「海賊版」に「海賊版のせいで売上悪化」するトラップが仕込んであってパニック - DNA

刑務所を管理して囚人の面倒を見るシミュレーションゲーム「Prison Architect」 - DNA

全米でどの空港が危険な病気の感染源になるかを算出する「パンデミック・シミュレーション」 - DNA

建物で発生する「人の渋滞」を解析して設計に役立てる群衆シミュレータ「MassMotion」 - DNA

偏執的なまでに細かい設定が可能な自動車工場運営ゲーム「Automation」が開発中 - DNA

2014年のメルセデスのF1エンジンの「音」が議論に - DNA

超精密FPSゲーム「ARMA3」のアルファ版リリース、ほぼ実写にしか見えない動画が公開 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧