科学と技術

多国籍企業の超複雑な支配関係がよくわかるインタラクティブなマップ


巨大な多国籍企業の支配関係は、時に国境を何度も超える複雑なもの。その一端を理解することができるのがこちらのインタラクティブなマップです。タックスヘイブン(税制が企業にとって非常に有利な国)を巧みに経由している場合が多いのも不気味です。


マウスカーソルを丸に合わせると、支配(赤矢印)・被支配(青矢印)関係が表示されます。特に赤い丸はタックスヘイブンに存在する企業を表します。
OpenCorporates | How complex are corporate structures?

特定の企業グループだけを表示することもできます。以前、地球の経済活動はごく少数の「核」企業によって所有されていることをご紹介しましたが、それぞれのグループの巨大さは驚愕ものです。

ソース:Announcing open corporate network data: not just good, but better | OpenCorporates news

関連記事

世界の富は誰のもの?経済の中枢部にいる「核」の存在を確認 - DNA

現代経済学に挑戦「超科学を根拠に投資するファンド」が登場 - DNA

歴史は繰り返す?アメリカと日本、不気味なほどの一致を見せる二つの経済動向グラフ - DNA

治安や経済が不安定なアフリカ北東部エリトリアの情勢を表している公共広告や看板 - DNA

総額約19兆円、金塊で溢れかえっているイングランド銀行の地下金庫 - DNA

「スタートアップが答を用意しておくべき34の質問」:大阪発のWebサービスを発掘するイベント「Shoot from Osaka(n) vol.2」取材記 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧