科学と技術

サムスン、レンズ交換式で3G/LTE対応のAndroid端末「GALAXY NX」を発表


2つの一見無関係なものをミックスさせて、まったく新しいものを作り出すのはよくあることです。しかし「レンズ交換式」と「3G/LTE」を一緒に書く日が来るとは誰が思ったでしょう、サムスンがデジタル一眼とAndroid端末を合わせたカメラシリーズを発表しました。


サムスンが発表した「GALAXY NX」は、同社のレンズシステム「NX」を採用したAndroid端末。Android4.2「Jelly Bean」を搭載しており、撮影した写真をシームレスにアップロードできるというのが特徴となっています。

2030万画素のCMOSセンサーを搭載しており、最高シャッタースピードは1/6000、秒間最高8.6枚の連写が可能。動画は最大1920×1080(25fps)で撮影できます。

本体がかなり薄く見えますね。

普通の電話としては使えませんが、無線LANに加えて3G/LTE対応なのでメールや文字チャットが可能。プロファイルは不明ですがBluetooth4.0対応なのでSkypeなんかも使えるのではないでしょうか。

色々組み合わせればこのように撮影した画像を一発でシェアできます。

携帯通信端末と本格的なカメラの融合、というのは過去にも例がありますし、Wi-FiのAndroid端末であればニコンのCOOLPIX S800cもあります。またカメラとネットをほぼシームレスにつなぐには、以前紹介したSDカード型通信端末「Eye-fi」が既にありますが、どのように差別化していくのでしょうか。ちょっと楽しみなプロダクトです。

その他の仕様はこちら

センサー: 2030万画素 APS-C CMOSセンサ

手振れ補正:レンズシフト(レンズによる)

背面ディスプレイ:4.8″ TFT

液晶ファインダ:SVGA(800×600)

ISO:オート 100 200 400 800 1600 3200 6400 12800 25600

ネットワーク:
4G LTE 800/850/900/1800/2100/2600
3G 850/900/1900/2100
WiFi a/b/g/n
Bluetooth 4.0

プロセッサ:1.6GHz クアッドコア

OS:Android 4.2 Jelly Bean

GPS:A-GPS + GLONASS

メモリ:2GB

記憶容量:16GB

ストレージ:MicroSD(~64GB)

ソース:FEATURES | GALAXY NX

関連記事

iPhoneに一眼レフのレンズを装着できるマウントが登場 - DNA

無線LANで写真データを自動送信できる「Eye-Fi」カードでいろいろ試してみた - DNA

「ディスプレイ」と「紙」……写真の最終出力先を考える - DNA

「月1000円でつなぎ放題のSIMカード」で便利になる5つのこと - DNA

極限のタフさ・頑丈さを追求したAndroid 4.0スマートフォン「Runbo X3」が発売 - DNA

スマートフォンで紙飛行機をコントロールできるようにするキット「PowerUp3.0」 - DNA

カシオ、Bluetoothでスマートフォンと連携する腕時計のプロトタイプを展示 - DNA

脱ノーパン、スマートフォンにはかせる「スマートパンツ」全8種が近日発売 - DNA

iPhoneのWi-Fi感度を最大5割向上するケース「Linkase」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧