世界のびっくりニュース

妊婦や子どもをためらいなく撃つための訓練用ターゲットをアメリカ国家安全保障局が購入か


全米各地の乱射事件に続き、先日はボストン・マラソンでの爆発物テロなど、アメリカでは不穏な事件が続きます。こうした国内のテロについてはアメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)が非常に大きな権限をもって対応していますが、そのDHSが妊婦や子どもなどを描いた「ためらいなく撃つ(no more hesitation)」ターゲットを大量に購入していたことが話題となっています。


Law Enforcement Training社は警察の訓練用機材を製造販売する会社。その製品は射撃用ターゲットから武器ラックまで多岐にわたりますが、そのラインアップのうちの一つが「Scenario Target」と呼ばれる射撃用写真ターゲット
Law Enforcement Targets, Inc. – Scenario Targets

「より実戦的な訓練のため」と各地の警察からの要望にこたえて作られたそうですが、そのうちの1種「No More Hesitation」シリーズが妊婦や子ども、老人などが銃を持っている写真を使用していることで批判を呼びました。







さらにちょっと不気味なのは、アメリカ本土のテロ組織を監視するDHSが、同社と契約を結び、約2億円分の取引を行っていること。

こうしたターゲットを「いかにも悪人」という感じのターゲットと混ぜて部屋の中に置き、武器を持ったものだけを撃ち分ける……という訓練はよく行われています。DHSが何をどれくらい買ったのかは分かりませんが、取り締まるのはテロだけにしてほしいものですね。

ソース:» Company Behind Shooting Targets of Children Received $2 Million From DHS Alex Jones’ Infowars: There’s a war on for your mind!

関連記事

乱射事件をうけて子ども向け「防弾バックパック」の売り上げ急増 - DNA

[字幕動画]国土安全保障省の教育ビデオ「もしあなたの職場で乱射事件が起こったら」 - DNA

ほんとのところ、アメリカ人は銃規制についてどう考えているのか - DNA

想像上の敵に想像上の手榴弾を投げた小学生の男の子が停学 - DNA

犯罪防止のため散弾銃を無料配布するNPO「Armed Citizens Project」 - DNA

「対戦車ロケットをもったテロリストの格好」でウロウロすると何分くらいで警察が来るのか? - DNA

サイバー兵士の時代、未経験者が「自動照準ライフル」で700メートル先の的をブチ抜く動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧