アートとデザイン

往年の映画のフィルムロールを撮影した写真プロジェクト「THE UNSEEN SEEN」


今ではすっかりデジタルデータを使った上映が一般的になっていましたが、その昔の映画はみな巨大なフィルムのロールを映写技師の人たちが映写機にかけていました。そんな映画のフィルムを真横から見る機会、というのはなかなかありません。1920年代から1970年代ごろまでに撮影された、いろいろな映画の全てが詰まったフィルムロールの美しい写真です。

1. 吸血鬼ノスフェラトゥ(Nosferatu – Eine Symphonie des Grauens)、1922年

2. 暗黒街の顔役(Scarface)、1932年

3. トリコロール/青の愛(Trois Couleurs: Bleu) 、1993年

4. キングコング(King Kong)、1933年

5. 独裁者(The Great Disctator)、1940年

6. 市民ケーン(Citizen Kane)、1941年

7. カサブランカ(Casablanca)、1942年

8. バンビ(Bambi)、1942年

9. ふしぎの国のアリス(Alice in Wonderland)、1951年

10. ゴッドファーザー(The Godfather)、1972年

11. エイリアン(Alien)、1979年

12. 女優マレーネ・ディートリッヒと物理学者ロバート・オッペンハイマーとの会話(Marlene Dietrich, a conversation with Dr. J. robert Oppenheimer)

デジタルで同じ用な表現をしようとすると「いろいろな映画をバーコード状になるまでギュッと圧縮したらこんな感じ」のようになるのではないでしょうか。

これらの写真はオーストリアの写真家 Reiner Riedler 氏の作品です。

こちらの公式サイトにまだまだたくさんの作品があります。
ソース:Reiner Riedler

関連記事

薄闇の世界、映画館の映写室と仕事中の映写技師たちの写真集「The Booth」 - DNA

思う存分最高の環境で映画を楽しめるホームシアター専用の部屋いろいろ - DNA

いろいろな映画をバーコード状になるまでギュッと圧縮したらこんな感じ - DNA

さらば銀塩時代、次々と閉鎖されるフィルム製造工場を追いかけたドキュメンタリー写真集 - DNA

だいたいパターンは決まっているハリウッド映画のポスターのステレオタイプ14選 - DNA

映画の中身を極限まで単純にしたピクトグラム9枚 - DNA

[字幕動画]映画の予告編のサウンドトラックはいかにして作られるのか - DNA

世界的に大ヒットした映画の名シーンを俳優本人が再現した写真17枚 - DNA

映画の内容を極限まで削り込み、単純化したポスター22枚 - DNA

西アフリカ・ガーナの素晴らしくアートな手描き映画ポスター30枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧