世界のびっくりニュース

巨大な球状のサバの群れを捕食しているイルカやサメ、海鳥の海中写真15枚


大西洋のほぼ中央部に位置するアゾレス諸島の海中で撮影された巨大なベイト・ボール(球状の群れ)になっているサバを捕食しているイルカやサメ、海鳥の写真です。一匹狼のようなサメ、群れで狩りをするイルカ、空中からダイブしてくる海鳥がサバの群れを狙って壮絶な戦いが行われています。

1. 魚の群れの周りを周回して徐々に小さな塊にしていくイルカ

2. 巨大な捕食者たちから実を守るため群れになるサバ

3.

4. ほぼ球状になっているサバのベイト・ボール

5. 数千匹のサバが直径10mくらいの塊になっています

6. 逃げ場の無くなったサバの群れは水面近くまで浮上するのですが、下からイルカ、海上から海鳥に狙われることになってしまいます。

7.

8. 空中からサバの群れを襲う海鳥・ミズナギドリ

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

これらの写真は、イギリスの写真家 Christopher Swann 氏の作品です。

ソース:Dolphins and sharks prey on a school of mackerel off the Azores – Telegraph

関連記事

圧倒的存在感、竜巻のようになって泳ぐ魚の群れの映像「Making David and Goliath」 - DNA

大海原での出会い、マグロ釣りをしているとイルカの大群がよってきた - DNA

[閲覧注意]いろいろな罠で虫や小動物を捕食している食虫植物の写真 - DNA

夢のワンシーン、カヤックをこいでいたら隣をクジラが泳いでいた、という動画 - DNA

がんばって泳ぐ姿がなかなか可愛い動物の子どもたちの画像 - DNA

環境保護団体・グリーンピースの壮大な理想を描いたアーティスティックなポスターシリーズ「Become David」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧