世界のびっくりニュース

世界の終焉を思わせる、まるで巨大な壁のような強烈な砂嵐「ハブーブ」の写真15枚


乾燥地帯に発生する巨大な砂嵐「ハブーブ(haboob)」が押し寄せてくる圧倒的な瞬間の写真です。アフリカのスーダンやイラク、アメリカのアリゾナなどで発生したハブーブの写真は、世界の終わりが来てしまったと思ってしまうほどに大規模な砂嵐の強烈な姿は驚くばかりです。

砂漠地帯で発生する下降気流やダウンバーストにより土や砂を巻き上げ、高さ数km、幅100km以上にも成長し35〜50kmで移動するハブーブ。まさに自然の脅威としか言いようがありません。

1. アメリカ・アリゾナ州フェニックス(2012)

2. アメリカ・アリゾナ州フェニックス(2012)

3. オーストラリア・オンズロー近郊のインド洋(2013)

4. アメリカ・アリゾナ州フェニックス(2012)

5. スーダン・ハルツーム(2007)

6. アメリカ・アリゾナ州フェニックス(2012)

7. オーストラリア・ニューサウスウェールズ州ブロークンヒル(2010)

8. スーダン・ハルツーム

9. イラク・アル=アサド(2005)

10. アメリカ・アリゾナ州フェニックス(2011)

11. アメリカ・アリゾナ州フェニックス(2011)

12. イラク・アル=アサド(2007)

13. アメリカ・アリゾナ州フェニックス(2012)

14. アメリカ・アリゾナ州フェニックス(2011)

15. アメリカ・アリゾナ州フェニックス(2011)

ソース:15 Ominous Photos of Haboobs (Intense Dust Storms) «TwistedSifter

関連記事

すさまじい嵐の中で軍艦に着陸してしまう凄腕ヘリコプターのムービー - DNA

街ごと砂漠にのみこまれつつあるアフリカ・ナミブ砂漠のゴーストタウン「コールマンスコップ(Kolmanskop)」 - DNA

すさまじい砂嵐に突入すると、そこには異世界が広がっていた - DNA

アフリカ・ナミビアのナミブ砂漠にあるこの世のものとは思えない死の沼地「デッドフレイ(Deadvlei)」 - DNA

サハラ砂漠の世界遺産都市「マリ・ジェンネ旧市街」と泥で作られた世界最大の建築物「ジェンネの大モスク」 - DNA

砂漠の谷の中に忽然と現れる古代遺跡「ペトラ」を幻想的にキャンドルでライトアップ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧