ネット・PC

これがインターネット依存症……?電源と無線LANを探して歩くニューヨークの人々の写真いろいろ


いくら高性能なラップトップPCやスマートフォンを持っていても、電源やネットワークがなければただの重り。今も昔も変らぬ「モバイラー」達が、大都会ニューヨークの路上で電源とWi-Fiを探しまわっている大勢の人々の写真です。スターバックスの人気っぷりがものすごいことになっています。

1. ミッドタウンのまだ閉まっているスターバックスの前でWi-Fiを求めて集まる人々

2. チェース銀行のロビーのコンセントで充電するために集まる人々

3. 屋外のコンセントを(たぶん勝手に)利用する猛者揃いのコリアンタウンの住民たち

4. これまた閉まっているスターバックスに集うインターネット依存症な人々

5. マルチタップを持参した男性はモテモテです。

6. またもやスターバックス。考えることは一緒のようで大人気です。

7. ミッドタウンのエースホテルの屋外コンセント

8. 電話の電池が切れたらこうする、という正しい例。公衆電話は少なくなってしまいました。

英語圏のちょっと古い言い方では「路上で仕事と戦う人たち」ということで「ロードウォリアー」なんて呼ばれるこの人たち、電源とネットワークを求めて戦う彼らにはたして安息の日は訪れるのでしょうか。

ソース:New Yorkers Take To The Streets, Looking For Outlets And Wi-Fi

関連記事

Google Custom Search

インターネット愛好家のメッセージが思いっきり込められたTシャツ40選 - DNA

初めてインターネットにアップロードされた画像はこんなのだった - DNA

世界各国のインターネット回線はどれくらいの速度が出るのか比較したグラフ - DNA

15万ドルで人工衛星を買い取って無料インターネット接続の提供を目指すプロジェクト「Buy This Satellite」 - DNA

発展途上国にDIYで無線インターネットを提供するオープンソースプロジェクト「FabFi」 - DNA

1995年にバカ売れした「インターネット入会キット」 - DNA

まさにミラクル、インターネットがやらかしたミス10個 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧