アートとデザイン

8色のボールペンだけで描かれた写真と見間違うほどの質感の絵画いろいろ


世界中のどこでも手に入る至ってシンプルなBICのボールペンのみを使用して描かれた、写真と見間違うかのよに精巧な絵画の紹介です。

トラやジャガーなどの動物、女性の顔写真、さらにはフィメールが描いた絵画「真珠の耳飾りの少女」など、8色のボールペンのみだけで描かれているのが信じられないクオリティーで実物を再現している作品です。

しかも、驚くことに制作者はプロのアーティストではなく本職は弁護士という、ポルトガルのSamuel Silva氏です。

1. スマトラトラ(Sumatra Tiger)
制作時間:約20時間

2. マーゲイ(Margay Cat)
制作時間:約10時間

3. 父親に抱かれる赤ちゃん(Baby Cradled in Dad’s Hands)
制作時間:約60時間。3本と半分のボールペンを使用して描かれています。

4. ジャガー(Jaguar)
制作時間:約15時間

5. 真珠の耳飾りの少女(Girl With a Pearl Earring)
制作時間:45時間。フェルメールが描いた絵画「真珠の耳飾りの少女」が一番好きだとのこと。

6. 赤髪の少女(Redhead Girl)

7. 京都の庭園(Palace garden in Kyoto, Japan)
制作時間:約20時間

8. ハクトウワシ(Bald Eagle)
制作時間:約8時間

ソース:VianaArts on deviantART

関連記事

ちょっとひねった方法でボールペンのインクの量を2倍にする - DNA

美しい郵便切手のさらに「外」を想像して描かれたアート作品の画像 - DNA

全部わかればアート通、有名な画家の作品や人物像を可能な限り単純化したイラスト24枚 - DNA

アフリカ・ナミビアのナミブ砂漠にあるこの世のものとは思えない死の沼地「デッドフレイ(Deadvlei)」 - DNA

巨匠・黒沢明の肉筆によって描かれた映画の1シーンの絵画と実際の場面を比較 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧