科学と技術

次々見つかる脆弱性「新しいiPad」は高出力レーザーにも弱い


先日発売されたばかりにも関わらず、.223口径のライフル弾に対する脆弱性が見つかったばかりの「新しいiPad」ですが、新たに高出力レーザーの照射に対しても弱いことが明らかになりました。


実験の様子はこちら。高出力のグリーンレーザー・ブルーレーザーを何本か束ねるとディスプレイ面に穴をあけたりバッテリーに火を付けたりすることができます。
iPad 3 versus Wicked Lasers and Flashlights – YouTube

その他、明るすぎる懐中電灯の熱で溶かす実験も行われました。

物を焼くタイプのレーザー兵器はまだまだ実用化には遠いため、今のところこの脆弱性について緊急の対応が必要ということはなさそう。

むしろこんな危ないレーザーや懐中電灯が気軽に手に入るあたりさすがアメリカです。

関連記事

iPhone4Sの意外な弱点、50口径のライフル弾には耐えられないことが判明 - DNA

脆弱性再び、「新しいiPad」もライフル弾を止められないことが判明 - DNA

ケブラー製パネルで対弾性能を高められるiPhone4・4S用ケース「Battlecase」 - DNA

真のハードボイルド野郎必見、9mmFMJを止めることができる「防弾クリップボード」が発売 - DNA

瞬間的に防弾ベストに変身するバックパック「RAD Pack」 - DNA

自爆テロ犯、トリガーの携帯電話がスパムメールで誤動作して爆死 - DNA

あわや大惨事……手りゅう弾の訓練中に起きた事故の動画 - DNA

Andoroid初、タッチパネル「非」搭載の携帯電話「Motorola i886」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧