科学と技術

「電源カフェ」が増えるかも、ソニーが「認証型コンセント」のコンセプトを公開


ノートPCを持ち歩いて出先で使うという「モバイラー」が一部の人のラディカルなライフスタイルではなくなってだいぶ経つように思います。無線LANスポットや携帯用の回線もだいぶ増えてきました。残る問題は電源。課金のためのインフラはまだまだ未発達で自由に使えるコンセントはまだまだ少数。しかしソニーが今回開発した「認証型コンセント」なら、電源も認証制にできるようになる日がくるのではないでしょうか。


今回発表されたのはFelicaなどのICカードを用いた「認証型コンセント」のコンセプトデザイン。あくまでも「コンセプト」であり、ソニーが明日にでも製品としてリリースしたりする、というものではないのですがなかなか面白いインフラとなりそうです。

まず「認証型コンセント: FeliCaタイプ」。差し込む側にICチップ、コンセント側にリーダー・ライターが埋め込まれています。ドングルを介して差し込むという使い方も考えられますね。

そして「認証型コンセント: 電力線重畳通信タイプ」。機器の中にあるICチップのデータを電力線を通じてコンセント側に送信します。

対応するコンセントが増えると、こんな感じで外出先の電気自動車の充電ステーションで使用した料金を電力会社に直接支払ったりなど、あらゆるコンセントを自分の家のもののように使えるようになります。

他にも、時間帯や刺す機器によって通電するかしないかをコントロールしたりすることも可能。「何が刺さっているか分かる」ので、電力が緊急に不足したときに不要な機器の刺さっているコンセントだけ電気を止めるということもできるようになります。

「認証型コンセント」コンセプトムービー – YouTube

無線LANスポットはIDを購入して使うので気持ちよく使えるのですが、コンセントの使用料を取るところはまだ少なく、使えるところは完全開放になっていることがほとんど。こうした課金インフラが整えば、使えるコンセントはぐっと増えてくることが期待できます。

ソース:Sony Japan | 電力を利用者や機器ごとに管理、利用する提案 「認証型コンセント」を開発

関連記事

コンセントのように壁に埋め込んで使うPC「JackPC」 - DNA

RJ-45コネクタの内部にすべてを詰め込んだウルトラコンパクトなWebサーバー「Miniature Web Server」 - DNA

「紙のように薄いスマートフォン」も実現可能、曲げられるE-ink液晶を研究者が開発 - DNA

電動バイク、混合レースでガソリン車に勝利し表彰台入り - DNA

過去と未来の融合、クラシックレーサーを電動バイクにコンバートした「Volta」 - DNA

カシオ、G-SHOCKブランドでBluetoothでスマートフォンと連携する次世代型腕時計「GB-6900」をBASELWORLD 2011で発表 - DNA

机の表面とディスプレイをシームレスに繋いだ新世代ワークスペース「BendDesk」 - DNA

超低消費電力・日中でも見やすい「E-ink」液晶を使った腕時計のコンセプトデザイン - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧