世界のびっくりニュース

リュックサックの中で育てられる捨てワラビーの赤ちゃんの動画


何らかの理由で親に捨てられてしまったワラビーが、イギリスの動物園が保護。子どもをお腹の袋で育てるワラビーにできるだけ近づけるため、リュックサックの中で育てられています。


イギリス南部のウィルトシャーにあるロングリートサファリパークでは、なるべく自然の状態に近づけるため親ワラビーの袋のようなリュックサックの中でワラビーの子どもを育てています。

動画はこちら。飼育員3人が24時間、どこにいくにもリュックで持ち歩いているとのこと。たまには外に飛び出すものの、まだまだ親離れができないそうです。
‪Baby wallaby hand reared in rucksack‬‏ – YouTube

ワラビーはオーストラリア原産の動物ですが、色々な地域で繁殖されており、イギリスでは中央北部のダービーシャーや、南部沿岸のサセックスに小さな群れがたくさん生息しているとのこと。結構環境の変化に強いタフな動物なのです。

ロングリートサファリパークでは9年前にも群れからはぐれたワラビーを育てて群れに返すことに成功しているそう。この子ワラビーも今はまだ危険ですが、徐々に他のワラビーに慣れさせていくことになっているそうです。

ソース:Video: Abandoned wallaby hand reared in rucksack – Telegraph

珍獣の医学
珍獣の医学
posted with amazlet at 11.08.08
田向 健一
扶桑社
売り上げランキング: 50962

関連記事

動物園で飼われていたウォンバット、お客さんのナデナデが足らず「うつ病」と診断される - DNA

赤ちゃんタイガーにミルクをあげるチンパンジー母さんの画像と動画 - DNA

むちゃくちゃかわいい! チーターの赤ちゃん写真 - DNA

「絶対離さないニャ……」とばかりに力いっぱいテディベアを抱きしめる猫のムービー - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧