アートとデザイン

子どもの頃にはこう見えていた、大人になって忘れてしまった世界の見え方画像13枚


子どもは遊ぶことが仕事と言われていましたが、まさにそんな子ども時代にみえていた景色と大人から見た景色を比較した画像です。確かにそうだったと言えるモノや、現在進行形で感じているモノなど13枚です。


左側が大人目線、右側が子供目線です。

1.学校は刑務所に見えてしまうようです。

2.リビングルームはこんな感じ。これならソファからテーブルに飛び跳ねていっても仕方ない。

3.三輪車は無敵のマッスィーン。

4.大人のキスも動物とのキスも変わらない。

5.おもちゃで遊ぶときは本気です。

6.子どもにとって、親父はスーパーヒーロー。

7.空きダンボールも頭の中ではジェット戦闘機

8.グルメはまだ早い

9.スーツ=拘束着。窮屈なのはイヤですね。

10.軽くて長いモノは、何でも剣に早変わりします。

11.大人になっても病院は怖い人は多いはず。特に注射なんて、この写真そのままです。

12.落書きし放題

13.ホテルでクイーンサイズのベッドを見ると大人でもジャンプしたい衝動にかられます。

注射やスーツなんかは今でもこういう風に見えている人は多いかも……大人になるって大変ですよね。

ソース:What We See vs. What Kids See (13 Pics) |

関連記事

ファッション雑誌「ヴォーグ・パリス」の完全に仕上がっている子どもモデルたちの写真 – DNA

生まれた国や地域によってここまで違う子供部屋の写真「Where Children Sleep」 – DNA

小さな子ども達にアニメやゲームのコスプレをさせるとこうなる – DNA

大人があえて子どもの遊びをやってみるとなんだかセクシーになる – DNA

優しさと勇気にあふれたとても心温まる、たった4枚の連続写真 – DNA

マウスを散歩させているほのぼのとした女の子の写真 – DNA

現代の悲劇、崩壊したソマリアで銃をとり戦う少年兵の画像 – DNA

こんなに違う、1960年と2010年の両親のしかり方 – DNA

ホイットニー・ヒューストンの「えんだあぁぁあぁぁ!」が上手に歌えなくて自分を許せない少女の動画 – DNA

お菓子につられてものすごく単純なワナにひっかかってしまう女の子の動画 – DNA

脱いだらえらくいいものを持っていたブロンド幼女の写真 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧