世界のびっくりニュース

東北地方太平洋沖地震前後の津波による地形変化がよくわかるNASAの衛星写真


東北地方太平洋沖地震が引き起こした津波により大きく地形が変わってしまった様子がわかります。2011年2月16日と2011年3月12日に撮影された写真を比較しています。

左側の写真は2011年2月16日に撮影されたもの。右側の写真は2011年3月12日に撮影されたものです。

詳細な日本全体の写真はこちらから見ることができます。解像度が高いためダウンロードには気をつけてください。

フルサイズの比較写真。
527569main_1892_full.jpg (1600×1200)

2011年2月16日の写真のみ。幅:6274ピクセル、高さ7:280ピクセル、サイズ:約15MB。
527570main_Japan_tmo_2011057_721_lrg.jpg (6276×7280)

2011年3月12日の写真のみ。幅:6274ピクセル、高さ7:280ピクセル、サイズ:約10MB。
527571main_Japan_tmo_2011071_721_lrg.jpg (6276×7280)

ソース:NASA – Flooding from Tsunami near Sendai, Japan

関連記事:

東北地方太平洋沖地震特設サイトと消息情報を共有できるサイト「Person Finder」をGoogleが公開 – DNA

北米まで約12時間、南米まで約21時間、東北地方太平洋沖地震による津波が世界に届くまでの時間を表した地図 – DNA

過去約100年の間に世界中で発生した巨大な地震10選 – DNA

「東北地方太平洋沖地震」デマ・間違い情報まとめ – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧