世界のびっくりニュース

真っ赤な樹液を出す不思議な木「竜血樹(リュウケツジュ)」


古代ローマの時代から薬用や染料として珍重されてきた「竜血」が取れる不思議な木「竜血樹」(リュウケツジュ)の写真です。成長が遅く絶滅の危機に瀕していますが、見た目も一度見たら忘れられない独特な雰囲気を持っています。

竜血樹を下から観ると密集した枝が天に向かっ反り上がっています。


真っ赤な色をした樹液

そして、これが古来より貴重な薬用や塗料として利用されている「竜血」と呼ばれる樹脂。

枝のタイプが違っている2本の竜血樹

筋肉のような造形の太い枝




特徴的なトゲトゲとした葉。イエメンのソコトラ島など乾燥した地域の竜血樹は、その密生した葉に結露した水分を根から吸収する。

何があったのかわかりませんが、かなりの傾斜で傾いてしまっています。

きれいな出で立ち


枝の半分が折れている竜血樹

ソース:Really funny stuff – A Tree That Bleeds (18 pics)

関連記事

電子顕微鏡で撮影された昆虫の卵の神秘的でカラフルな写真 – DNA

白い壁と青い屋根と碧い海、エーゲ海に浮かぶサントリーニ島やミコノス島の美麗な風景写真いろいろ – DNA

こんな穴なら入りたい……何でも飲み込んでしまいそうな世界の巨大な「穴」いろいろ – DNA

カリフォルニア・シャスタ山の素晴らしく雄大な夜明けの画像 – DNA

昔の日本の人々や風俗、伝統、景色をそのまま見ることができる数々の写真 – DNA

世界各国の法律で禁止されているフルーツやその他の食べ物いろいろ – DNA

[閲覧注意]江戸時代に書かれた日本画調の人体の解剖図や骨格図いろいろ – DNA

まさに雌雄を決する戦い! 野生動物のオス同士の決闘写真 – DNA

南米・ペルーの奥地で、今まで知られていなかった「幻の部族」を発見 – DNA

[閲覧注意]「死の山」エベレスト、高度8000mに放置された登山者達の遺体 – DNA

砂漠に人工的に作られた2つの都市、ドバイとラスベガスの昔と今 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧