世界のびっくりニュース

ニセ札で相手をだましたと思ったらニセのコカインを掴まされていた麻薬売買組織が摘発


ギャング同士の取引きは仁義も誠意もありません。1万6000ドル(約130万円)の麻薬取引の代金をニセ札で支払ったギャングが実はニセモノの麻薬をつかまされ、しかも取引の帰り道に逮捕されてしまったそうです。


路上で逮捕されたのは「Uncle」「TechB」という2人の男性。2人はニューヨークを勢力範囲とする「Bloods」のメンバーで、ブルックリンから麻薬を仕入れて帰る途中でした。

実はグループにはおとりの捜査官が潜入しており、警察はその日彼らの拠点を一斉検挙する予定になっていました。そこで路上で彼らを捕まえたのですが、その時彼らの荷物から発見されたのは石膏ボードとベーキングパウダーを使ったニセのコカインだったのです。

ちなみにこれが石膏ボード。
この新製品リサイクルのこと考えているのかなあ – Reviblog

実際のコカインはこんな感じ。割った感じが確かに似てるかも……。
Crack, Contras and The CIA

2人の供述から代金の1万6000ドルはすべてニセの20ドル札で支払ったことが判明、グループの拠点からはニセ札を印刷していたとみられるプリンターも押収されました。他にも火器の密輸や偽の警察官に化けようとした計画も発覚し、その日の一斉検挙で、総勢23名が逮捕されたそうです。

だましたつもりがだまされており、しかも逮捕されるとは……いったい何を信じたらいいか分からなくなってしまいますね。

ソース:DA busts Riverhead drug, guns and counterfeit bills ring | Riverhead News Review

関連記事

モスクを潜入捜査していたFBIのスパイ「話が過激すぎる」と通報される – DNA

自爆テロ犯、トリガーの携帯電話がスパムメールで誤動作して爆死 – DNA

トルコ人男性が「妻に性行為を強要される」と警察に保護を求める – DNA

「宝石店で強盗してきたけど何か質問ある?」という掲示板の書き込みにネットユーザー騒然 – DNA

10歳の少年、逃走するひったくりの画像をTwitterにアップロードして逮捕に貢献 – DNA

これぞリアル「スパイ大作戦」空港の超厳重なセキュリティを突破し飛行機に搭乗した男の、ものすごい変装テクニック – DNA

職人がものすごい手作業で銃を密造しているフィリピン・ダナオの「密造銃集落」の画像 – DNA

いろいろな意味で、人生が終わってしまったと思わせる写真 – DNA

ロンドンの警官は238項目のチェックリストを消化しないと出動することができない – DNA

男らしくなりたい人のための3分+αクッキング、これが男のハンバーガーの作り方だ! – DNA

「人類史上最強」のボウリング・ロボットが人間のボウラーに負けた意外な理由 – DNA

4340人の死亡事故からみた、「アメリカで最も危険な職業トップ10」とは – DNA

ロンドンで発生したすべての殺人事件をGoogleマップ上にプロットする「MurderMap」 – DNA

メキシコの麻薬カルテルは武装しすぎ – DNA

メキシコの麻薬カルテルと公的機関の相関図が巨大すぎて大変なことになっている – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧