科学と技術

レクサスが誇る世界最先端の運転シミュレーターのムービー


「これまでに存在するすべてのドライビングシミュレーターを研究し、それを超えるために作った」と技術者が豪語する、まさに世界最先端の運転シミュレーターの動画です。高さ約4メートル、幅約6メートルのポッドがサッカー場サイズのステージの上を縦横無尽に動き回り、実際の車の動きとほとんど同じ感覚を作り出す様は、もはや車ではなく宇宙船の開発をしているようです。


ドーム状のシュミレーターポッド。この中は360度のスクリーンとなっています。

このようにしてシュミレータの向き・角度を変えています

さらに、サッカー場くらいの広さのレールの上を実際に移動させることで、より精密に自動車の動きを再現しています。

シュミレータの中には実際に車両を設置

運転中はこのような感じになります

誰がいつ乗ってもまったく同じ条件で繰り返し実験ができるのがシミュレーターのメリット。限りなく現実に近づけることで訓練を受けたテストドライバーだけでなく、老若男女あらゆる人が実験に参加できるため、実験データの精度が上がると期待されています。

ムービーはこちらから

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧