ネット・PC

ハリウッド版実写映画「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」予告編公開、人間体型ソニックに違和感……


米・パラマウント・ピクチャーズが、セガのゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のハリウッド版実写映画の予告編を公開しました。敵対する悪の天才科学者「Dr.エッグマン」はジム・キャリーが演じるものの、主人公のソニックに違和感を抱く人が多いようです。

動画はこちらから。
Sonic The Hedgehog (2019) – Official Trailer – Paramount Pictures – YouTube

YouTubeで公開されているこの予告編は、現在のところ低評価が圧倒的に多い状態。大人気のキャラクター「ソニック」なだけに厳しい意見が多数となっているようです。

1. ソニックの後ろ姿。ドレッド・ヘアーのアスリート風です。

2. ヘッジホッグ(ハリネズミ)感はかなり薄くなっている模様

3. 立ち姿はかなり人っぽく描かれています

4. そして注目はやはりジム・キャリー演じる悪の天才科学者「ドクター・エッグマン」。体系は卵型ではありませんが、原作に近い雰囲気を感じます。

公開予定は11月とのことですが日本での公開は未定です。

ちなみに公式サイト「ソニックチャンネル」で紹介されているソニックはこんな感じ。身長100cm、体重35kg、15歳のハリネズミの男の子です。
SEGA | ソニックチャンネル | キャラクター | ソニック

また2012年発売のソニックシリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードII」のプレイ動画はこちら。やっぱりこのソニックはしっくりきますね。
Sonic 4 Episode 2: Full Playthrough – YouTube

日本では5月3日に先行公開される実写版ポケモン映画「名探偵ピカチュウ」。同じくゲームのハリウッド実写ですが、こちらの予告編は概ね高評価のようです。
ハリウッドが総力を挙げて製作 世界初の実写版ポケモン映画「名探偵ピカチュウ」予告編公開

関連記事

名作「エキサイトバイク」をガチな実写で作るとこうなる - DNA

もしもジブリ映画が実写になったら……リアルな再現イラストいろいろ - DNA

ルアイリ・ロビンソン監督が2007年に製作していた実写版映画「AKIRA」のプレゼンテーション映像 - DNA

もし実写版映画「美女と野獣」にエディ・マーフィが出演していたら……の予告編映像「エディと野獣」 - DNA

SF格闘コミック「銃夢」のハリウッド実写版公式トレーラー第1弾が登場 - DNA

実写版「ライオンキング」予告編が公開、1994年のオリジナル版と同じシーンを比較するとこんな感じ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧