科学と技術

元NASAの技術者が作ったロケットエンジンブーストのゴルフクラブがスイカを軽々とふっとばす動画


どんなアイディアも形にするNASAのエンジニア。その能力をフル活用して作られたのが、ロケットでスイングをアシストするゴルフクラブ。これなら誰でも簡単に飛ばし屋になれます。

元NASAのエンジニア、マーク・ローバーが今回作り出したのは、文字通り固体燃料ロケットモーターで加速するゴルフクラブ。通常、176km/hほどのヘッドスピードを240km/hまで加速することができます。

ヘッドにロケットを取り付けたシロモノですが、開発は結構大変だったよう。

ロケットホルダーをしっかり接着できるようにクラブの曲面を3Dスキャン。

そもそも人が振り回すことを想定して作られたシャフトが強度不足で曲がってモゲてしまうので……

コの字材でガッチガチに固めます。というかパワフル過ぎて人間の腕で振った時にその実力をフルに発揮できないので……

スイング台も用意されました。クラブが回転をはじめ、トップスピードになったところでボールをリリースし、射出します。

スイカすら一発です。

動画はこちらから。
ROCKET POWERED Golf Club at 100,000 FPS – YouTube

ロケットをつければだいたいなんでもフルスラスト。自転車でフェラーリにも勝てます。
世界最速のロケット自転車「KAMIKAZE V」が時速333kmでフェラーリをブチ抜いていく動画 – DNA

関連記事

イギリス紳士のユーモアと反骨精神にあふれた「ゴルフのプレー中に爆撃が始まった際の暫定ルール」 - DNA

まるでほのぼの家族旅行 カモの群れを従えてゴルフコースを横切るワニ - DNA

ゴルフ場のグリーンにあるホールはどうのように変更されているのか - DNA

所作が凄すぎる、忍者が思いっきりゴルフのティーショットをするとこうなる - DNA

ギネス認定4.37メートル、実際に使用できる世界一長いゴルフクラブ - DNA

フェンスの柱さえも味方につけたゴルフのスーパーショットの動画 - DNA

ほぼ運試し、世界で最も難易度の高いゴルフコース「Extreme 19th」 - DNA

クラブに装着するとゴルフのスイングを分析できるガジェット「Swingbyte 2」 - DNA

4人のプロゴルファーが協力して500ヤードのロングホールを34秒でホールアウトしギネス認定 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧