科学と技術

一瞬で防弾チョッキに変身するバックパック「Ballistipax Survivor-1」の動画


物騒な世の中、いつ何時乱射事件に巻き込まれたり、暗殺者の襲撃に遭うか分かりません。そういう心配が頭を離れなくて困っている……という人はこういうバックパックで通勤・通学するようにすればちょっと安心かもしれません。

見た目は何の変哲もないバックパック。ちょっと大きめですが「ITの仕事してるんですよ!」とか言われたら信じそうなイメージです。

しかしショルダーストラップを引っ張ればこの通り

ずばっと防弾プレートを体の前面に装着できます。

ペラっとめくればホルスターがあるのですぐに応戦可能。

下側には短機関銃用ポケットがあり、バックルを外せば取り出せませす。

通勤・通学でテロリストに襲われる可能性が高い人には、非常にありがたいアイテムではないでしょうか。動画はこちらから。
Devcore Guardian Pack Quick-Deploy Ballistic Body Armor Backpack Demo (2019)! – YouTube

アメリカでは防弾デスクマット防弾クリップボードなど「防弾には見えないけれども防弾性能があるアイテム」はジョークグッズとしても、実用品としても結構な市場があり、類似品も多々あります。学校での乱射事件が多発するので、心配した親が子どもに買い与えるケースも多々あるとのこと
Ballistipax Tactical Body Armor Backpack with Hard Armor Plates! – YouTube

キワモノが欲しい人はこちらをどうぞ。ただのスーツに見えますが弾丸を貫通させずに防ぎます。めちゃくちゃ痛いと思いますが……。
紛争地帯でもビシっとオシャレできる防弾スリーピーススーツが開発される – DNA

関連記事

折り紙の技術で広げると44マグナムを止められるシールド「防弾オリガミ」の動画 - DNA

チタニウム板の防弾性能はどれくらいのものなのか50口径ライフルで試している動画 - DNA

100均ショップにあるもので防弾チョッキを作るとこうなる - DNA

急所を爆風から守るための「軍用防弾パンツ」 - DNA

乱射事件をうけて子ども向け「防弾バックパック」の売り上げ急増 - DNA

トイレットペーパーを思いっきり圧縮するとレベル2相当の防弾プレートになる - DNA

アメリカ陸軍が下半身を守る「防弾ふんどし」的ハーネスを開発 - DNA

オフィスが襲われても安心な「防弾デスクマット」が発売 - DNA

紛争地帯でもビシっとオシャレできる防弾スリーピーススーツが開発される - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧