アートとデザイン

ポップアートの元祖、アンディ・ウォーホルがハンバーガーを食べているだけのシュールな動画


大衆的であり、かつシュールな作風で知られるポップアートの元祖的存在、アンディ・ウォーホルは、ドキュメンタリー映画に出演してもやはり不思議な存在。カメラの前で黙々とハンバーガーを食べるその姿は、アートっぽいことこの上ありません。

これはオランダの詩人で映画監督のヨルゲン・レスが制作した実験的なドキュメンタリー映画「アメリカの66の風景(66 Scenes from America)」からの1シーン。映画にはアメリカの街並や大自然などの風景、クローズアップや引きの映像、ダイナーの料理、自己紹介する人々などのモチーフがなにか意味をもちつつ、一見ランダムにも見えるように並べられています。ウォーホルはその中の一片、バーガー・キングのハンバーガーを食べる男として登場。

撮影は、ニューヨークにあったウォーホルの友人の写真スタジオで行われました。ウォーホルはこだわりの激しい人物として知られていたので、レスのアシスタントはいくつかの店でバーガーを購入しブランドが分からないように包装していたものの、ウォーホルが「(アシスタントが用意していなかった)マクドナルドはないの?」と言い出したため、レスは撮影が中止になるかと気が気ではなかったようです。

動画はこちらから。
Andy Warhol eating a hamburger – YouTube

ウォーホルはハンバーガーを食べきった後、しばらくカメラのほうを眺め「私はアンディ・ウォーホルといいます。今ハンバーガーを食べ終わりました」と自己紹介をしてシーンが終わります。アメリカを代表するポップな食べ物をポップアートの大家が食べているのに、その雰囲気は実にシュールです。

アンディ・ウォーホルが1985年に制作した貴重な「デジタル作品」が発見される – DNA

関連記事

50年以上ハリウッドを撮影し続ける写真家ダグラス・カークランドのポートレート30作品 - DNA

世界的な芸術家と彼らが愛したネコたちの写真シリーズ「Artists and Their Cats」 - DNA

イームズが制作したSX-70ポラロイドカメラのインストラクション動画 - DNA

作家や画家、音楽家など世界的なクリエイターのオフィスはこんな感じ - DNA

アンディ・ウォーホルが1985年に制作した貴重な「デジタル作品」が発見される - DNA

「Apple以外」からリリースされた世界初の携帯用マッキントッシュ「Walkmac」の画像 - DNA

「Raspberry Pi」で実働する1/3に縮小された初代マッキントッシュ「Mini Mac」 - DNA

Apple社のキーボードについてる「コマンドキー」アイコンの元ネタはコレだった - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧