科学と技術

目に見えない放射線が飛ぶ様子を「霧箱」を使ってじっくり見ることができる動画


私達の身の回りには常に色々な放射線が飛び交っていますが、それを普段、実際に目で見ることはありません。しかし、霧箱と呼ばれる実験装置を使えば、その軌跡を観測することができるのです。

「霧箱」はエタノール蒸気と空気を含んだ箱です。この箱の外から飛んでくる荷電した粒子が空気をイオン化すると、これを核としてエタノールが凝固し、軌跡を描くという仕組み。

中央に置かれた実験用のウランから、どんどん放射線が出ているのが分かります。動画はこちらから。
Cloudylabs cloud chamber working approx 50 min [720p] – YouTube

ちなみに時々現れる、ランダムな霧の線は宇宙から降り注ぐいわゆる「宇宙線」。あらためて可視化すると、人間と宇宙とのつながりが感じられて不思議です。自作も可能ですが、科学博物館では設置しているところも多いので探してみてはいかがでしょうか。

自然の中の、何かが流れる様子というのはずっと見ていられるもの。こちらは気象データを利用してアメリカ中の風の吹く様子をほぼリアルタイムで表示してくれるページ。ランダムなようでルールがあるようで……不思議な風の軌跡はいつまでも見ていられそうです。
アメリカを吹き渡る「風」の様子をほぼリアルタイムで表示するインタラクティブ地図「Wind Map」 – DNA

関連記事

「Diablo3」で遊ぶときのマウスの動きを可視化するとこうなる - DNA

ネットで現在進行中のサイバー攻撃をリアルタイムに可視化する世界地図 - DNA

ネット掲示板「Reddit」のデータ空間を可視化、FPS風に楽しめる実験的インターフェイス「World of Reddit」 - DNA

Wikipediaが更新される様子を雨だれのように可視化するWebサービス「Listen to Wikipedia」 - DNA

東北地方太平洋沖地震が発生した瞬間の「音」を3Dプリンタで可視化したアート - DNA

コービー・ブライアントが現役20年で放った3万本を越える全シュートをインタラクティブに可視化 - DNA

マウスカーソルの軌跡を記録してアートにしてくれるおもしろソフトウェア「IOGraphica」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧