アートとデザイン

ヨーロッパの街並みってどこもだいたいこんな感じだよね……を描いた手書きの架空地図


伝統と歴史のあるヨーローッパの街並みはどこも美しく非常に魅力的。しかし、そういえばどこもだいたい似ているような……ということで描かれたのがこちらの手書きの地図「Map of Every Europian City」。確かにどこで見たことがあるような気がしてきます。

ヨーロッパの街の中心には観光客で溢れるカテドラル(大聖堂)、その周りにはお土産屋さん、カフェやバーがいっぱい。

そして近くには歴史的な橋や第二次世界大戦を記念した大通り、ちょっと行った先にはハトがいっぱいの中央駅や大きな塔があるはず。

さらに中心地から少し離れば場所には高層ビルが立ち並ぶビジネス街と夜にはドラッグのディーラーが現れる大きな公園……

地図にするとこんな感じに。ちなみに泊まっているホステルは5kmほど先。確かに……

この手書きの地図は、ウェブコミック「Itchy Feet」を公開しているイラストレータのMalachi Ray Rempen が制作した作品です。

さらにアメリカ・バージョンはこちら。

アメリカの都市の場合、でっかい道を中止にでっかい店やでっかい教会など非常に合理的かつ計画的な街並み。とにかくでっかいようです。

また世界中に散らばる25の大都市がどのような変化を遂げてきたのかがよくわかるのがこちらの写真。数年から数十年でまったく違った姿に変わっている都市もたくさんあります。
世界25大都市の昔と今を並べて比べた写真いろいろ

関連記事

原色で彩られたカラフルな街並みが美しい、イタリア・ヴェネツィアの小さな島「ブラーノ」 - DNA

イタリアの魅力がギュッと凝縮された小さな村15選 - DNA

魔法の様に美しいヨーロッパの大自然や街並みがギュッと詰まったタイムラプス映像「Magical Europe」 - DNA

東・東南アジア独特のオリエンタルな美しさで魅了する街並みいろいろ - DNA

戦争で失われてしまった50~60年代のアフガニスタンの風景いろいろ - DNA

旧市街の建物や街並みがとても色鮮やかな海外都市10選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧