世界のびっくりニュース

注文していないAmazonの代引き(着払い)荷物にお金を払ってしまったが全額返金してもらった


ある日の夕方、留守中の家族宛に送られてきたAmazonからの代引き(着払い、代金引換)の荷物。気を利かせたつもりでお金を払ってしまったのだが、荷物の中身はまったく身に覚えのないものだった。

家族宛のAmazonからの代引き荷物に面倒臭いとは思いつつ現金で6545円を払ったのだが、どうやらこの荷物は注文履歴にもなく頼んでいないものだと判明。宛先をよく見ると住所・名前は正しいものだったが電話番号はまったく違っていた。

1. 代引き(着払い)送付状。電話番号(携帯)は違っていたのだが……受け取りの際には気づけなかった。

ちなみに商品はゲーミングパッドとUSB切替器。まったく使う予定はないものばかりの詰め合わせセット。

Amazonカスタマーサービスへ連絡し事情を説明すると返品ということで返金作業(ギフト券または銀行振込)を行うとのことになったのだが、気になるのはなぜこんなことが起こったのかだ。

2. Amazonカスタマーサービスから連絡

詳しく話を聞くと、届いたのはAmazonから送付した荷物に間違いなく、商品を購入したアカウント名も送り先も本人の名前と住所になっていると説明を受けた。

しかし注文履歴にはない。実は注文履歴がないのは当然で、本人の名前と住所で別アカウントが作られており注文の履歴はその1つのみだそうだ。

要するに「名前と住所さえ知っていれば誰でも簡単に同じこと(代引きで荷物の送りつけ)ができてしまう」のだ。

3. Amazonアカウント作成の説明。「Eメールアドレスをお持ちであれば、パスワードの設定をすることでアカウントが作成できます。」

いたずら目的または詐欺なのか、それとも何か別の目的があるのかはわかないが、同じような事例はAmazonカスターサービスでも複数確認しているとのこと。

しかし今のところ根本的な対策は非常に難しいようで、見知らぬ代引き荷物が送られきたら受け取り拒否するしかない。

ちなみに過去にはamazonを利用してマネーロンダリングする手口が暴かれています。
盗んだ個人情報で書かれたAmazonの「クソ本」でマネーロンダリングする手口が明らかに

関連記事

Facebookに自分の情報を請求したら1200ページのPDFファイルが届いた - DNA

海外であなたを待ちかまえている驚くべき詐欺の手法40選 - DNA

仁義なき戦い ニセ学術雑誌がすさまじい内容のダミー論文をアセプトする - DNA

ネット詐欺被害の男性がシェイクスピアの全著作を相手の携帯電話に送信して復讐 - DNA

なぜ「どうみてもバレバレ」なスパムメールが有効なのか、マイクロソフトの研究者が明らかに - DNA

詐欺?テロ?数千人に「殺し屋です。5000ドルくれないと殺しにいきます」メールが送られる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧