世界のびっくりニュース

【閲覧注意】自分のお腹を撃って性能を実証する防弾チョッキ屋さんの動画


防弾装備を売る人は自分自身を撃って自社製品の宣伝をするのが業界の伝統というか様式美。こちらも防弾チョッキ屋さんの社長みずから自分のお腹を撃ってテストしています。最後に撃ってみたお腹の様子が写っているので、刺激に弱い人は閲覧に注意が必要です。

使用しているのは9mmの拳銃弾の中でも124グレイン弾頭の+P(火薬を増して強力化したもの)。「痛いかどうかで言うと……めっちゃ痛い」とのことですが貫通させずに止まっています。
Bulletproof Everyone Live On Body Demonstration – YouTube

自分を撃つのはイヤなものですが、他人を撃つのもたいがいイヤなもの。しかも上司となると……普段パワハラなどをせず、お互いが信頼しあっているからこそ成立する動画はこちらから。

「これが僕のAKです。今から社長を撃ちます……」衝撃の動画が公開 – DNA

関連記事

トイレットペーパーを思いっきり圧縮するとレベル2相当の防弾プレートになる - DNA

乱射事件をうけて子ども向け「防弾バックパック」の売り上げ急増 - DNA

チタニウム板の防弾性能はどれくらいのものなのか50口径ライフルで試している動画 - DNA

自分の体を撃って防弾ベストを売り歩いたとあるピザ屋さんの物語 - DNA

折り紙の技術で広げると44マグナムを止められるシールド「防弾オリガミ」の動画 - DNA

100均ショップにあるもので防弾チョッキを作るとこうなる - DNA

氷の力で体を冷やせて防御力もあげることができる防弾プレート型水筒「IcePlate」 - DNA

紛争地帯でもビシっとオシャレできる防弾スリーピーススーツが開発される - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧