アートとデザイン

これぞ空中舞踏、インドア・スカイダイビングのフリースタイル競技がすごい


今年で5年目となる「Wind Games 2018」は風洞を用いて行う行うインドア・スカイダイビングの技を競うイベント。スピードを競うもの、動きの美しさを競うものなど、様々な競技があり、いずれも本来は飛ぶことができないはずの人間が縦横無尽に飛び回ります。

競技のうちの「フリースタイル」優勝者の演技。人間は飛べるかもしれない、と錯覚しそうです。
Wind Games 2018 Kyra Poh Winner Final freestyle – YouTube

「Wind Games」は垂直型風洞のメーカーであるスペインのWindoor社が主催するイベント。フリースタイルの他に、風洞内での周回スピードを競う「Speed」や、シンクロナイズドスイミングのように集団での動きの美しさを競う「フォーメーション・スカイダイビング(FS)」などの競技があります。こちらはFSの紹介動画ですが、空中に浮いているだけで人間離れ感が段違いですね。

空、そして宇宙はまだまだ人類にとって未開のエリア。色々とエクストリームなチャレンジをやっている人がいて、面白いジャンルです。
パラシュートを使わないスカイダイビングにイギリスのスタントマンが成功 – DNA

関連記事

バーチャルリアリティー技術を使って安全・安価に訓練できる軍用スカイダイビングシミュレーター - DNA

恐るべき風圧、飛行機の中でうっかりパラシュートが開いて吹っ飛ばされる瞬間 - DNA

第2次世界大戦中、撃墜されたパイロットが持ち帰ったパラシュートから作られたウェディングドレス - DNA

時速220kmで空を滑空して戦うウィングスーツ・レースの動画 - DNA

岩壁の小さな穴をウィングスーツで飛びぬけていく恐怖の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧