科学と技術

荷物をフロートさせて歩行・走行時の衝撃をやわらげるバックパック「HoverGlide」が出資募集中


人間は歩く際、横方向だけでなく上下方向にも動いています。当然背負った荷物も上下動してしまうので、疲労の原因となります。「HoverGlide」はフロートメカによって上下動の衝撃を抑制するというオモシロなバックパックです。

「HoverGlide」はフレームにバンジーコードによるサスペンションを内蔵したバックパック。開発者はペンシルバニア大学の生物学の教授、ラリー・ローム博士。

博士が2002年に米軍の要請で開発した、上下動から発電する「Lightning packs」のメカをベースにしています。
Marines TV – Lightning Packs Electricity-Generating Backpack Field Testing [1080p] – YouTube

原理としてはピザや蕎麦のデリバリーバイクと同じ。サスペンションで吊ることで、上下動を殺すことができます。

サイズや外見別で3タイプが開発中。

7万5千ドル(約850万円)の募集に21万ドル(2400万円)が集まるなど注目度はかなりのもの。現在も499ドル(約5万9千円)からの出資を受け付けています。

ソース:HoverGlide: World’s First Floating Backpack by Lightning Packs — Kickstarter

関連記事

乱射事件をうけて子ども向け「防弾バックパック」の売り上げ急増 - DNA

1万5千発のBB弾を背負ってバラ撒くことができる給弾バックパックをDIY - DNA

ウクライナ軍のバックパック給弾式PKM軽機関銃が未来感あふれていてかっこいい - DNA

メイド・イン・アメリカの高級バックパックメーカーGORUCK社が銃火器用ソフトケースの受注開始 - DNA

バックパックの中にMOLLEポーチをずらっと並べられるアイディアものガジェット「Molleganizers」 - DNA

機材に合わせて自由にレイアウトを変えられるカメラバッグ「TrekPak」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧