ネット・PC

マイクロソフト MS-DOSのオリジナルソースコードをGitHubで公開


2014年3月にコンピュータ歴史博物館(Computer History Museum)のウェブサイトでマイクロソフトが公開したMS-DOSのオリジナルソースコードとバイナリですが、新たにGitHubでも公開されたことでより簡単にアクセスできるようになりました。

GitHub – Microsoft/MS-DOS: The original sources of MS-DOS 1.25 and 2.0, for reference purposes

マイクロソフトのOS「MS-DOS(Microsoft Disk Operating System)」のv1.25とv2.0が登場したのはそれぞれ1981年と1983年と、かれこれ40年近くも昔のこと。

ソースコードは機械語に近いアセンブリ言語(拡張子は.ASM)で記述されており、なかなか難読なソースコードとなっています。

また参照用として公開されているためソースファイルの変更等のプルリクエストは不可となっていますが、フォークして色々と試してみると面白そうです。ライセンスは MIT License が採用されています。

ちなみに人類が初めて月面着陸に成功したアポロ11号で使用された自動制御プログラムのソースコードもGitHubで公開中。こちらも一見の価値ありです。
アポロ11号の司令船と月着陸船を自動制御したプログラムのソースコードがGitHubで公開

ソース:GitHub – Microsoft/MS-DOS: The original sources of MS-DOS 1.25 and 2.0, for reference purposes

関連記事

「MSペイント」32年の歴史に終止符……次のWindows10アップグレードで「廃止予定」に - DNA

初代Windows1.0から最新のWindows7まで、順番にアップデートすると何が起こる? - DNA

なぜVimのカーソル移動キーは「h・j・k・l」なのか? - DNA

MS-DOSマシンで作曲したエレクトロニカがレトロな音なのに未来感あふれている - DNA

コンピュータ・ウィルスをアーティストがビジュアル化したカタログ集「COMPUTER VIRUS CATALOG」 - DNA

ハッカー達の時代、MS-DOSコンピュータ・ウィルスの挙動はこんなにもユニークだった - DNA

Windows、Apple、Linux、それぞれのトラブル対処方法を比較してみる - DNA

なぜUnix系OSのホームディレクトリはあまり馴染みのない記号「~(チルダ)」で表現するのか - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧