世界のびっくりニュース

時速200kmでレース中に並走中のライバルのバイクのブレーキを握りにいく衝撃の瞬間の動画


レース中には時に相手にぶつかりそうな展開になったりするものですが、それでもわざとぶつけにいったりする妨害行為はご法度……なのですが時速200kmにもなるバイクのレース中、相手のブレーキを握って妨害するという殺人スレスレの行為が話題となっています。

2018年9月9日、サンマリノGPにてイタリアのロマーノ・フェナティが、競っていた相手のステファノ・マンシィのマシンのフロントブレーキを握ったため、危険行為で退場、2レースの出場停止処分を受けました。

動画はこちらから。

自立することができないバイクで高速走行中のブレーキングは、死亡事故にもつながりかねません……いきなりブレーキがかかった瞬間の恐怖を考えるとぞっとしてきますね。

レースというのは普通に進行していても危険なもの。最低限のルールは守っていきたいものです。
80年代のオフロードラリーレースはドライバーも観客もちょっとおかしかった

ソース:Fenati penalty: Italian suspended from two Grands Prix | MotoGP™

関連記事

田舎道を時速320km以上で疾走する過激なバイクレース「マン島TTレース」の2012年のHD動画 - DNA

マン島TTレースでスーパーバイクの最速ラップレコードを記録した時の大迫力オンボード映像 - DNA

「マン島TTレース」をティルトシフト撮影したおもちゃのバイクレース風動画「TT Microworlds」 - DNA

スーパー公道レース「マン島TT」で笑っちゃうくらい速いバイクが数十センチ先を通り過ぎた後の観客の顔を捉えた動画 - DNA

年に一度のバイク祭り「マン島TTレース」を心から愛しているお巡りさんの動画 - DNA

生まれて初めてのバイクレース生観戦に震えるほど興奮する男の子 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧