世界のびっくりニュース

モンスターマシンが次々と途中棄権する泥レースで、ロシア製の水陸両用車が圧倒的走破性を見せつけてゴールを奪う


アメリカやカナダで開催されているマッド・ボビングなどとも呼ばれる泥レースで見た目も中身もモンスター級の改造マシンが次々とスタックしていく中、突如現れたのが水陸両用のロシア製全地形対応車「Sherp」。サイズもパワーも大きくはありませんが圧倒的走破性でゴールを奪っていきます。

動画はこちらから。Sherpは7分43秒ごろにスタートします。
Sherp Vs. Mega Trucks Impossible Bounty Hole!! – YouTube

バギーベース、リムジンベース、トラックベースなど特別に改造された数々のモンスターマシンがスタックしてしまう悪魔の泥コース。

1.

2.

3.

果たしてこのコースをクリア出来るマシンは存在するのでしょうか。

そこに現れたがのが小さなボディの「Sherp」。水に浮いてしまうので速くはありませんがスイスイと進んで行きます。

4.

5. ゴールしたかと思ったらクルリと開店してUターン

6. 途中で女性を救助。余裕たっぷりです。

7. そしてコースの途中をよじ登ってゴール!。種目が違うような気がしますが圧倒的走破性を見せつけてくれます。

また一体「Sherp」とはどんな車なのかというとシベリアの極地を走破するために開発されたロシア製のATV(全地形対応車)。巨大タイヤの空気圧を調整することでほぼどんな地形でも問題なく走行可能とされています。詳細についてはこちら。
沼地、砂地、雪原、氷上、更には水の上までも走破するロシア製ATV「Sherp」

関連記事

アメリカ国防総省DARPA「水に浮くキャタピラ」で水上を疾走する車両を開発 - DNA

2大ライフルAK-47&AR-15、本当の本当に泥だらけでも撃てるのはどちらか試してみた - DNA

80年代のオフロードラリーレースはドライバーも観客もちょっとおかしかった - DNA

サハラ砂漠の真ん中で泥から塩を作る奇妙な塩田のある村「ティギダンテッスム」の空撮画像がすごい - DNA

キューバの首都ハバナを850馬力のトロフィートラックが異次元レベルで爆走する「Recoil 4 in Cuba」 - DNA

サハラ砂漠の世界遺産都市「マリ・ジェンネ旧市街」と泥で作られた世界最大の建築物「ジェンネの大モスク」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧