科学と技術

ガラス越しの写真撮影で反射を無効化するレンズフード「Ultimate Lens Hood」


ビルからの美しい夜景や水槽・ショーケースなどガラス越しに写真を撮る場合に問題となるのが反射による映り込み。この現象を解決してくれるのがこちらのレンズフード「Ultimate Lens Hood」です。

Ultimate Lens Hood – Kickstarter Video 2018 – YouTube

1. 一眼レフカメラのレンズに取り付けられた蛇腹式のレンズフード「Ultimate Lens Hood」。シリコン製のため簡単に取りけることができます。

2. Ultimate Lens Hood をカメラ側に伸ばすと、滝の近くなどでも水しぶきからカメラを守ってくれます。

3. また野外ではカメラ置きとしても活躍

4. さらに膝までも守ってくれる模様……

5. Ultimate Lens Hood を使ったガラス越しの撮影はこんな感じ。カメラは自由に動かすことができます。

6. 実際に撮影した写真がこちら。反射や周りの映り込みが解消できていることがわかります。

7. また小型カメラやスマホでも使用できるミニサイズの Ultimate Lens Hood もあり

8. Ultimate Lens Hood を使用した写真と使用していない写真の比較。昼間の景色も夜の景色もしっかりと反射なく撮影されています。

現在、このレンズフード「Ultimate Lens Hood」は、kickstarter で出資募集中なのですがすでに目標金額は達成済。価格は普通サイズが30ユーロ(約3900円)、ミニサイズが20ユーロ(約2600円)となっています。
ULH: The Ultimate Lens Hood by Josh Smith — Kickstarter

また機材も非常に重要となるカメラ撮影ですが、最も重要なのはやはり腕だということがよくわかるのがこちらの写真。本物のプロはやっぱり違います。
一流のプロ・ファッション・フォトグラファーがおもちゃのカメラで撮影した写真が凄い

ソース:Ultimate Lens Hood

関連記事

フィルムカメラをデジタルカメラに変身させられるフィルム型CMOSセンサ「DigiPod」 - DNA

カメラの絞り値(F値)・シャッタースピード・ISO感度の関係がひと目で分かるチートシート - DNA

ホンモノのゴツゴツ感、軍用暗視レンズをつけたかっこ良すぎるニコン・D700 - DNA

ビンテージな35mmフィルムカメラをデジタル化するアタッチメント「I’m Back」 - DNA

カメラのシャッターの動きとはたらきを完全に理解できるスーパースローモーション動画 - DNA

カメラのフレームレートとヘリコプターのローターがシンクロした時に起こる奇跡 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧