科学と技術

圧倒的パワーで車から部品を取り出し解体する 特殊アタッチメントを装備した重機がすごい


建築現場などで活躍する油圧ショベルに特殊なアタッチメントを取り付けて、廃車から部品をもぎ取り仕分けしつつバラバラに解体していきます。圧倒的パワーの前に車がまるで模型のおもちゃのようです。

この映像で活躍しているのは、英・スコットランドの重機メーカー「Powerhand」社が制作した油圧ショベルのアタッチメント「Powerhand VRS 200」。車を固定するクランプアーム、手の役割をするグラップルの2つから構成されています。

動画はこちらから。
Powerhand VRS – Maximise Profits from Vehicle Dismantling! – YouTube

1. これから解体される廃車。すでにタイヤなど一部の部品は取り外し済みです。

2. クランプで車を挟んで固定し、まるでピンセットのようにグラップを正確に使ってエンジンルーム内の細かな部品を取り出しバラバラに解体していきます。

3. 次は車を裏返しクランプでギュッと押さえ込んだ状態で頑丈な足回りも圧倒的パワーで簡単にやっつけます

4. 最後は車内。屋根をペラっと剥ぎ取り銅線など細かい部品を仕分けしていきます。

5. これで解体作業は完了。一丁上がりです。

Powerhand社によると手作業による付加価値のある材料の取り外しと比べると非常にエコで経済的だとのこと。

機械が機械を解体している現場の映像を見ていると、作業内容を学習した解体専用ロボットが登場する日もそう遠くないような気がしますね。

この後活躍するのがこちらの巨大なシュレッダー。金属ですら紙のように粉砕してしまいます。
圧倒的パワーで巨大な金属の塊を粉々に粉砕するドイツ製巨大シュレッダー

またこちらのマシンは4本のアームを器用に使って溝の草刈りを行なっています。ビジュアルが凄い……
用水路の両脇の草を4本のアームで一気に刈り取っていく巨大マシンの映像

関連記事

線路を移動しながら線路を敷き直す鉄道専用の圧倒的巨大重機「RU 800 S」の映像 - DNA

世界最大級の超巨大ダンプカー「キャタピラー 797F」を建造するタイムラプス映像 - DNA

巨大なフェリーをスクラップにするため思いっきり陸地に乗り上げさせる動画 - DNA

車のホイールカバーから生み出された力強く美しい動物の彫刻作品シリーズ「Hubcap Creatures」 - DNA

木を伐採し枝をはらって丸太の長さを切りそろえることまでできる重機「Komatsu 951」のパワフルな動画 - DNA

敵対会社間でブルドーザー6台による大乱闘が勃発、中国河北省の路上で - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧