世界のびっくりニュース

大学図書館の保存修復部門が教える「濡れた本を修復する方法」


もし大事な本が濡れてしまったらどうすべきなのかをわかりやすく教えてくれるのは米・ニューヨーク州にあるシラキュース大学・図書館の保存修復部門。使用するのはペーパータオルと扇風機、そして重りです。

動画はこちらから。
Wet Book Rescue – YouTube

この映像は、シラキュース大学図書館・保存修復部門の公式YouTubeチャンネルで公開されている映像です。

1. まずは表紙と裏表紙の水分を取り除くため、ペーパータオルで挟みゆっくりと本を押さえつけます。

2. 次に10〜20ページ毎にペーパータルを挟んできます。その際に90度以上本を開かないように気をつけてください。

3. 1/4から半分くらいまでペーパータオルを挟んだらゆっくりと本を押さえます。この作業を最後のページまで行います。

4. そして一晩扇風機に当てて乾かします。

5. 翌日。2枚の平らな板で本を挟みブロックなどの重りを乗ます。

6. 専門機関の場合はこんな専用のブックプレスがあります

7. 本が平らになるまで約24時間から48時間程度プレスし続けます

8. 修復完了!見事復活。

9. もしすぐに修復する時間がない場合は、濡れた本をジップロックに入れて冷凍庫に保管します。後日修復を行ってください。

10. 濡れた本を放置しておくとこんな感じになってしまいますので注意してください。

また本との相性はあまり良くはありませんが、こちらのライフハックも非常に役に立ちます。
道具は一切不要、ポテトチップスの袋にびしっと封をする方法

関連記事

バナナをいつもより長くフレッシュに保つ簡単な方法 - DNA

簡単にフリーハンドで完璧に近い円を描く方法 - DNA

ハサミやナイフが無くても簡単にロープを切断する方法 - DNA

元特殊部隊員が教える意識を失った人を一人で肩に担ぎ安全に運ぶ方法「レンジャー・ロール」 - DNA

コルク抜き無しでワインを簡単に開ける方法をプロヴァンスでワインを作っている社長が直伝してくれる動画 - DNA

スマートにTシャツを折りたたむ4つの方法をまとめたチートシート - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧