科学と技術

なぜアーチェリーの射手は矢を射た後に手から弓を離すのか教えてくれる動画


時たまTV中継で見かけるアーチェリー競技では、射手は矢を射た後弓を手放して回転させていますが、これは一体なぜなのでしょうか。YouTubeでアーチェリーの解説動画を公開している「NuSensei」ことDavid Nguyenが教えてくれる動画です。

弓をぎゅっと握ってしまうと震えてしまったり、微妙な握りの違い方で矢の飛び方がおかしくなってしまいます。遠距離ではこのようなトラブルが問題になるとのこと。

そのため、左手はこのようにほとんど握らないとのこと。なので矢を射た後は弓が手から離れてしまうということです。

動画はこちらから。ちなみにこれは長距離の、しかも競技におけるテクニックで短距離で速射しなければいけない時などは当然弓を握ったままになります。
Archery | Why Do Olympic Archers Swing Their Bows? – YouTube

弓は意外と戦闘力の高い武器。映画でも色々と面白い使い方がされています。
映画の中の一撃必殺な「弓を使っているシーン」いろいろマッシュアップ動画 – DNA

関連記事

「日本最後の侍たち」江戸後期から明治の時代に撮影された武芸者たちの写真いろいろ - DNA

アーチェリーを使って遊ぶサバイバルゲーム「Archery Tag」 - DNA

弓矢を使って自ら乳歯を引っこ抜く度胸ありすぎな女の子の動画 - DNA

自由自在にカーブする矢で障害物を避けて的に当てるスゴ腕アーチャーの動画 - DNA

見た目も武器、ものすごいビジュアルで戦うアフリカの怒れる武装集団の写真いろいろ - DNA

恐るべきスピードで矢を連射するロシアの女子高生の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧