世界のびっくりニュース

ディープラーニングで通常スピードの動画をスーパースローモーション化する技術をNVIDIAが開発


通常、1秒あたり30~60コマ程度で撮影される動画をゆっくり再生しても得られるのはカクカクとした動きの動画。滑らかな映像を得るには100コマ、200コマと増やして撮影する必要があるのですが、NVIDIAが開発した技術を使えばコマとコマの間を勝手に描いてスローにしてくれます。

NVIDIAは約1万1千本のスローモーション動画(240fps)を用いて独自開発のシステムを教育、コマとコマの間を描写してスローモーション化することに成功しました。通常のカメラで撮影した動画をなんでも滑らかなスローにすることが可能です。

科学実験の観察など厳密さが求められる分野では厳しそうですが、後からスロー化が可能なこと、そして通常のハイスピードカメラでは光量不足になるような場面でもスローな動画が得られるというのは面白い技術です。比較動画はこちらから。
Research at NVIDIA: Transforming Standard Video Into Slow Motion with AI – YouTube

アルゴリズムによる補完はなかなかおもしろい分野。こちらは名画のフレームの外側を勝手に補完してくれるアルゴリズムですが、それらしい感じに驚きます。
世界の名画の外側をアルゴリズムによって予測し拡大した絵画「EXTRAPOLATED ART」 – DNA

関連記事

ディープネットワーク技術で自動的にカラー化された「ローマの休日」予告編がすごい - DNA

AI(人工知能)が女性のヌードを描くとこうなる 狂気に満ちたシュールな裸婦画が生み出される - DNA

テスラ・モデルXの衝突死亡事故 同じ条件の場所を自動運転で走ったら再現してしまった映像 - DNA

超低光量の写真をニューラルネットワークの機械学習でバシっとシャープに補正する技術が開発される - DNA

歴戦のパイロットに圧勝できる戦闘機シミュレータ用人工知能をアメリカ空軍研究所が開発 - DNA

AI(人工知能)にギャラガをプレイさせてみたら……その結果がこちら - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧