世界のびっくりニュース

国によって意外と違うお札の数え方 世界70カ国の人に実際にやってもらった映像


何気ない日常のことでも国や文化で大きく違うことがあります。例えばお札の数え方もその一つ。ということで世界70カ国の人に実際にお札を数えてもらった映像がこちらです。

動画はこちらから。
70 People Reveal How To Count Money in Their Country | Condé Nast Traveler – YouTube

縦、横、受け渡し、折り曲げ、そしてなぜか手をペロリなど確かに国によってお札の数え方には特徴があるようです。お札や硬貨などの現金を数えることがない社会も近い将来やってきそうですが……

ちなみに日本の銀行などでは紙幣を数えることを「札勘(さつかん、札勘定の略)」といい必須のスキル。素人にはなかなか難しいようです。
お札数えに仕事実感 新入社員 社会へ一歩 旭川信金で研修(2014/03/26)北海道新聞 – YouTube

またこちらはその国の特徴を生かし独特のデザインをした世界各国の紙幣です。ポピュラーな偉人シリーズはもちろん、動物シリーズや建築物シリーズなども存在しています。
その国の特徴がよく分かる独特なデザインの美しい紙幣59枚

関連記事

目には目を……役所でたらい回しにされた男性が税金を300000枚の硬貨で支払い - DNA

賠償金を硬貨10万枚で支払った男のせいで銀行がパニックに - DNA

くしゃくしゃにしたお札そっくりな梱包材「Financial Padding」 - DNA

妻にナイショで家の中にお金を隠す中国人男性のテクニックいろいろ - DNA

紙幣1万枚を運んだり隠したりするのは結構大変なことが分かる画像 - DNA

あらゆる買い物で大活躍する「1ドル紙幣」の秘密いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧