科学と技術

子ども用のおもちゃの車に本物のエンジンを搭載するとこうなる


12Vのバッテリで動く子ども用おもちゃの小さなピンクのマスタングが大人の手によって改造され、みなぎるパワーでアスファルトの上を縦横無尽に暴れている映像がこちら。よく見るとかなりゴツいマシンに仕上がっています。

動画はこちらから。
Real Engine in a Barbie Car! – YouTube

250ドルで買った自作のゴーカートのシャーシとモトクロスコース専用バイク「ホンダ・CRF 230」の240cc空冷4ストローク・エンジンを使用しており、見た目は子どもですが中身は立派な大人です。

ちなみにゼロヨンが16秒、0-60マイルが6秒を記録。世界一早いマスタングの車のおもちゃとのこと。
Worlds Fastest Mustang Power Wheels Toy Car – YouTube

また制作の様子をまとめたタイムラプス映像はこちらです。
Building the Power Wheels Go kart – Raw Time Lapse – YouTube

またこんなゴーカートも……ジェットエンジンが搭載されちゃっています。
手作りジェットエンジン搭載のゴーカートでかっ飛んでいくハイテンションな男の動画

関連記事

映画で爆破・破壊される前に撮影された「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の超美麗な車やバイク - DNA

トヨタ・プリウスにハーレーのVツインを搭載した最高にロックなレーサー「TOYOHOG」 - DNA

600ccのバイク用エンジンで電動でなくなった電動車イスがゼロヨンで日産・スカイランGTSをぶっちぎる映像 - DNA

元の姿が分からなくなるまで改造された電動車椅子が時速170kmのギネス記録取得 - DNA

最高速度100km/hオーバー 驚異の加速力を手に入れた改造電動シニアカーが凄い - DNA

時速160kmの世界最速を達成した遊園地用ゴーカートの動画が爽快過ぎる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧