世界のびっくりニュース

スーパー・ブルー・ブラッドムーン、皆既月食、満天のオーロラが現れたお祭り状態の夜空を撮影した大迫力の360度8K映像


地球の景色とはちょっと思えない神秘的な光景が撮影されたのがこちらの360度8Kタイムラプス映像。冬の米・アラスカの夜空の賑やかさは想像を軽く越えてきます。

この映像は写真家の William Briscoe 氏が2018年1月31日に米・アラスカ州のフェアバンクスで夜空を撮影したもの。

この日に見えた月は、地球と月が接近(スーパームーン)した状態で満月(ブルーブーム)と赤く見える皆既日食(ブラッドムーン)を同時に迎えたため「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼ばれています。

さらにこの日のアラスカの夜空には空一面に踊るようなオーロラが出現しさらに神秘的な夜空を演出していました。

8K画質で360度見渡すことが出来ます。動画はこちらから。
8K 360 video of the Lunar Eclipse and Aurora Borealis near Fairbanks, AK – YouTube

ちなみにこの日には日本でも「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」は観測されていました。
【ノーカット動画】東京上空の「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」 皆既月食を観測 – YouTube

またこちらはオーストラリア南部の夜空に現れた珍しい真っ赤なオーロラを捉えた映像。真っ赤なオーロラに染まる夜空もまた非常に神秘的です。
オーストラリア南部に現れた珍しい赤いオーロラ「Red Aurora Australis」のタイムラプス動画

関連記事

大型旅客機のパイロットのみが知る奇跡の景色、コックピットから撮影された雲の上の写真がすごい - DNA

地球から見ることが出来ない、国際宇宙ステーションから撮影された地球の景色 - DNA

火山の噴火とオーロラが同時に撮影された大自然の神秘を感じる写真10枚 - DNA

1800年代後半に描かれた、とても貴重な天文観測イラスト12枚 - DNA

約10年に一度の太陽極大期 アイスランドの夜空を覆い尽くしたオーロラのタイムラプス映像「Apotheosis」 - DNA

最も神秘的な天体現象「皆既日食」は宇宙からだとこんな感じに見える - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧