アートとデザイン

動物の歩き方・走り方を詳しく解説するアニメーション「Animal Gaits for Animators」


ゆっくり歩く時から全力疾走まで動物の体や足の使い方の違いを分かりやすくアニメーションで解説してくる映像がこちら。環境やスピードに複数の方法を使い分けていることがよくわかります。

動画はこちらから。
Animal Gaits for Animators on Vimeo

この映像はアメリカの映像作家 Stephen Cunnane 氏が制作した作品です。

1. walk(ウォーク)

2. amble(アンブル)

3. pace(ペース)

4. trot(トロット)

5. canter(キャンター)

6. gallup/run(ギャロップ/ラン)

GIFでも公開中

Foot patterns of doggos

また Cunnane 氏は虫の歩き方についてのアニメーション映像も制作しています。足の本数によってかなり違いがあることがよくわかります。
Bug Gaits for Animators on Vimeo

ちなみに全速力で走っている人を横からみるとこんな感じです。全力ランニングマシンのダイナミックさは半端じゃありません。
時速40キロのとんでもないスピードでランニングマシンを走る男の動画

関連記事

湖を覆う透明な氷を歩くと、まるで水の上に浮かんでいるかのような映像になる - DNA

歩き方やポージングがとにかく玄人、マレーシアで開催されているニワトリのミスコン写真集「COCKS」 - DNA

武闘派俳優スティーブン・セガールの走り方はなんだか可愛い - DNA

アニメーターがウォーキングマシンで100通りの歩き方を実演してみる動画 - DNA

寝ている猫への驚異の気遣い、完全に気配を消して歩くピットブルが凄い - DNA

人っぽさ全開でビシッと背筋を伸ばして二足歩行で歩くクマの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧