世界のびっくりニュース

ニューヨーク地下鉄の線路作業員はどのようにして電車を避けているのか


24時間営業しているニューヨーク地下鉄は世界で7番目に利用者数が多い巨大交通システム。そんな地下鉄の保線作業はどのように行われているのでしょうか。実際に線路に降りて作業している作業員たちを撮影した映像がこちらです。

動画はこちらから。
Where do New York City subway repairmen go when a train comes? – YouTube

場所はニューヨーク地下鉄・F系統の23丁目駅のホーム。線路には複数の作業員たちがいます。

1. 線路上の作業員たち

もうすぐ電車がホームに入ってくる模様。

2. 一人の作業員の合図でみんな壁の専用避難場所へ。どうやら完全個室のようです。

3. 電車到着!!

4. 電車の中から避難している作業員を見るとこんな感じ。

ホームからだとかなりギリギリで狭い場所に見えましたが、実際は思ったよりも余裕があるようです。少しずつ離れて一人用なのは何か特別な意味があるのでしょうか。

ちなみに一昔前のニューヨーク地下鉄はこんな感じでした。当時は重大な犯罪の巣窟だったようで世界一危険な地下鉄として知られていました。
落書きが蔓延し重大犯罪の巣窟だった70〜80年代のニューヨーク市地下鉄の貴重な写真22枚

関連記事

一目瞭然、世界42大都市の地下鉄網を同じスケールで並べて比べてみた - DNA

現在でも美しく色鮮やかに残る1945年に閉鎖されたニューヨークの地下鉄駅「City Hall」 - DNA

懐かしさとレトロ感がたまらない、1970〜80年代に活躍したマナーを訴えている東京の地下鉄ポスター27枚 - DNA

巨匠・スタンリー・キューブリックが18歳の頃に撮影したニューヨーク地下鉄のモノクロ写真16枚 - DNA

地下鉄路線図と実際の形状はどれくらい違っているのか、世界15都市の地下鉄で比較 - DNA

ニューヨーク地下鉄 ネズミが電車内を走り回り乗客たちはプチパニック状態に……でもちょっと楽しそう - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧