科学と技術

格闘ゲーム「モータルコンバット」の実写取り込みをしているメイキング動画


格闘ゲーム「モータルコンバット」は、トドメを指す必殺技の残虐さ、そして実在の俳優を実写取り込みして作られた生々しいキャラの動きで有名です。そのメイキング動画がこちら。すごくローテクな感じが逆に新鮮です。

モータルコンバット」は1992年に登場。当時人気であった「ストリートファイター2」との差別化をはかるべく、大げさで派手な動きや残虐な表現が取り入れられました。実写取り込みもそうした差別化の一つで、これによってドット絵やポリゴンを使用した他のゲームと比べ、独特な生々しさを出すことに成功しています。

動画はこちらから。
Mortal Kombat 1 – Behind the Scenes #5 – Scorpion – YouTube

これがゲームになるとこうなります。
Mortal Kombat (Arcade) Scorpion Run-through (60FPS) – YouTube

その他のメイキング動画はこちらから。

最近のハリウッドはCGをちょっとだけ合成するというよりは「CGの中に一部実写取り込み」レベルになってきています。時代は進んでもホンモノの人間の動きの生々しさを出すのは難しいようですね。
「ゼロ・グラビティ」は顔以外ほぼ全部CGだったということが分かるすごいメイキング動画 – DNA

関連記事

[字幕動画]ゲームでのおマヌケな死に方を素敵ソングにのせてまとめたおもしろ動画「Dumb Ways to Die(おバカな死に方)」 - DNA

ゲームグラッフィクが過去50年間でどのように進化してきたのかがよく分かる「Evolution of Video Game Graphics 1962-2017」 - DNA

モーションキャプチャで誰でも攻撃魔法を使えるようになるスクリーンの動画 - DNA

CG人間の「不気味の谷」を飛び越える「表情キャプチャー」 - DNA

ファラン(鉄拳)の華麗な足技コンボを完全再現したスタントマンが凄い - DNA

「ゼロ・グラビティ」は顔以外ほぼ全部CGだったということが分かるすごいメイキング動画 - DNA

[字幕動画]ここがポイント!プロの格闘家が教えてくれる「人間の首の折り方」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧