科学と技術

NASAが宇宙で捉えた不気味な音をSoundCloudで公開


歴史的な宇宙飛行から最新ミッションまでの膨大な音声をSoundCloudで公開しているNASA。そして今回新たに公開されたのが太陽系を探査中に宇宙で捉えた不気味な22の音……得体の知れない何かにゾッとしてしまいます。

NASAがこれまで宇宙へ飛ばしてきたたくさんの宇宙船の中には、宇宙空間で放出されている電波を記録する機器を装備しています。宇宙船が記録したそのモノをNASAの科学者たちが音波へと変換したのがこれらの音です。

SF映画やホラー映画で使用されていそうな不気味な雰囲気がありますね。

また1977年に打ち上げられた無人惑星探査機ボイジャーに搭載されていたレコード盤「ボイジャーのゴールデンレコード」に録音されていた音源がこちら。日本の音楽や挨拶なども収録されていました。
ボイジャー宇宙探査機に搭載されていた「ゴールデンレコード」に録音された内容がSoundcloudで公開

関連記事

アポロ計画の宇宙飛行士たちが月で撮影した1万枚以上の写真アーカイブ「Project Apollo Archive」 - DNA

アポロ11号の司令船と月着陸船を自動制御したプログラムのソースコードがGitHubで公開 - DNA

NASAが歴史的な宇宙飛行から最新ミッションまでの膨大な音声をSoundCloudで公開 - DNA

NASAの最新ロケットエンジン「RS-25」の組立工程を2分に凝縮したタイムラプス動画 - DNA

NASAは高さ40mもある巨大ロケット燃料タンクをどのようにして製造しているのか - DNA

1970年代初頭にNASAが地球外生命体へ送ったメッセージ「パイオニア探査機の金属板」を完全再現したレプリカが登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧