世界のびっくりニュース

命がけで極めた究極の進化 51匹のピーコックスパイダーによるド派手な求愛ダンスが凄い


ピーコックスパイダーは、オーストラリアのみに生息する5mmにも満たないとても小さい体をしたハエトリグモの一種。オスはその名前の通りまるでクジャクの様にド派手な模様を大きく広げ独特な求愛ダンスを披露します。

音楽は70年代のディスコナンバーで英・ビージーズの「ステイン・アライヴ」。それではどうぞ、51匹のピーコックスパイダーによる求愛ダンスです。
Peacock Spider "Stayin’ Alive" – YouTube

この不思議にも感じる求愛行動の目的はもちろんメスのハートを射止めるため。ピーコックスパイダーは非常に視力が良いためド派手で複雑な求愛行動をメスが選んできたためこのような進化を遂げているそう。ただし、派手な模様とダンスはどちらが先なのはまだわかっていないとのこと。

こちらはYMCA版。ダンスの達人たちです。
Peacock Spider Dances to YMCA – YouTube

実はこの求愛行動は命がけで行われおり、もしメスが気に入らなければ交尾に失敗するだけではなくメスに食べられてしまうことも……まさに命がけのダンスのようです。知ってしまうとだたファンキーなだけではなく少し切なくも感じてしまいますね。

ちなみにピーコックスパイダーにライトセーバーを持たせるとこうなる模様。なかなかのファイターです。
ピーコックスパイダーどうしのケンカにライトセーバーをCG合成した動画

参照:「孔雀グモ」、派手な求愛は命がけの進化の産物 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

ステンドグラスの様に輝くウロコをもつクモの画像 - DNA

[閲覧注意]知るまでは楽園だと思ってた……野性味溢れすぎているオーストラリアの写真いろいろ - DNA

誰でも住めるわけではない……オーストラリアの普通じゃない日常がよくわかる写真いろいろ - DNA

[閲覧注意]精密さを感じる巨大なクモの画像いろいろ - DNA

自分のことをクモだと勘違いしているかもしれない黒猫の動画 - DNA

[閲覧注意]巨大なタランチュラが脱皮するグロテスクかつ美しい動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧