世界のびっくりニュース

50年昔に座礁した巨大貨物船「エヴァンゲリア(Evangelia)」 その朽ち果てた内部をカヤックに乗って撮影した映像


ルーマニアの黒海沿岸に位置するコスティネシュティのビーチからよく見える巨大な座礁船「E エヴァンゲリア(Evangelia)」。今から50年も昔の1968年に座礁しているため、あちこちに大きな穴が開いた状態となっておりカヤックに乗ってそのまま内部を探検しています。

Kayaking inside an abandoned ship – YouTube

1942年に軍事用の輸送船「Empire Strength 」として建造された「E エヴァンゲリア(Evangelia)」。第二次世界大戦後は民間に払い下げられ何度かオーナーが変わった後、1965年にギリシャ船籍となり「E エヴァンゲリア(Evangelia)」と名付けられています。

そして1968年10月15日に旧ユーゴスラビア・リエカからルーマニア・コンスタンツァへ向かう途中に座礁しそのまま放置され、現在も朽ち果てながらも当時のまま存在し続けています。

巨大ディーゼルエンジンの残骸……

ルーマニアではリゾート地として知られているコスティネシュティ。ビーチの鎮座する座礁船「E エヴァンゲリア(Evangelia)」は人気のアトラクションとなっているようです。

こちらもエヴァンゲリアを探検している動画。なかなかアグレッシブに楽しんでいます。
Costinesti epava 2015 – YouTube

また世界中の美しく朽ち果てつつある沈没船や座礁船の写真がこちらです。この独特な存在感、不思議と引かれるものがあります。
ボロボロに朽ち果てながらも圧倒的な存在感を放っている沈没船や難破船の写真25枚

関連記事

大規模に水が干上がり、数多くの座礁船が湖底に放置されているアラル海の写真20枚 - DNA

アフリカ・ナミブ砂漠の死の雰囲気が漂う恐ろしく危険な海岸「骸骨海岸(スケルトン・コースト)」 - DNA

海底に沈没しゆく船の内部をとらえた2台のオンボード・カメラの映像 - DNA

悠久の時を越えて海の底に沈む沈没船の美麗な写真 - DNA

まさに海に浮かぶ街と呼ぶべき世界で最も巨大なクルーズ客船11選 - DNA

日本で建造された最大の客船「AIDAprima(アイーダ・プリマ)」 着手からお披露目までの3年間を記録した超高画質タイムラプス映像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧