科学と技術

上空400kmの国際宇宙ステーション(ISS)船外から見た日本 ソニーが圧倒的高画質の4K映像を公開


ソニーがフルサイズ・ミラーレスカメラ「α7S II」が宇宙から撮影した日本列島の4K映像を公式Youtubeチャンネルで公開中。宇宙ステーション船外に設置された民生用カメラでの4K撮影は世界初とのこと。昼間の日本だけではなく真夜中の日本も圧倒的高画質で撮影されています。

α7S II:ISS船外から世界初の4K撮影 –日本列島–【ソニー公式】 – YouTube

α7S IIが採用された理由はUSBインターフェースからリモート操作が可能なこと、そして高感度撮影が可能なこと。元々はα7Sを搭載する予定だったそうですが、4K撮影が可能となった後継機のα7S IIに急遽変更となった模様。船外に設置出来る事によって様々な方向の撮影が可能となっています。

1. カメラが設置された場所はここ。日本実験棟「きぼう」の先端部分です。

2. 4K画質だと建物なども見えちゃいます

3. 夜の日本をISO 51200の高感度撮影

船外に設置するにあたり200度程度の温度差が生じるため温度調節可能なボックスに収納されていますがハード面に関してはほぼノーマルとのこと。バッテリから外部電源への変更、リモート操作のためのソフトウェアの変更などが行われています。

4. こんな感じに箱にすっぽりと収められています。ちなみに使用しているレンズは「SELP28135G

夜のアメリカ東海岸の映像も公開されています。
Sony | α | α7S II into Outer Space | U.S. east coast by night – YouTube

JAXAの「α7S II」についてのSony公式インタビュー記事はこちらです
α7S IIは、国際宇宙ステーション船外で、民生機として世界初の4K撮影に成功α Universe | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

ちなみにNASAのサイトでは常に国際宇宙ステーション(ISS)から撮影した地球をリアルタイムで公開中。運良くお昼に陸地の上を通過していると宇宙からの景色をいつでも楽しむ事ができます。夜でしかも海の上だとただ真っ暗なだけですが……
国際宇宙ステーション(ISS)から撮影した地球の高画質リアルタイム映像「ISS HD Earth Viewing Experiment」をNASAが公開中

関連記事

国際宇宙ステーション(ISS)から宇宙飛行士が撮影した大都市の夜の写真いろいろ - DNA

世界初 ISS宇宙ステーションから大都市を撮影したフルカラーHD動画が公開 - DNA

驚異的な美しさ、国際宇宙ステーションから撮影された星の軌跡のタイムラプス映像「ISS Startrails」 - DNA

国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士が撮影した膨大な写真を繋げたタイムラプス映像「Astronaut – A journey to space」 - DNA

国際宇宙ステーション(ISS)から宇宙飛行士が撮影した「地球の写真」をまとめたインタラクティブ世界地図 - DNA

4K解像度でISS国際宇宙ステーションの中をゆっくり泳いでいく動画が宇宙的癒やしを与えてくれる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧