科学と技術

インディアン・スカウトから余分なモノを削ぎ落とした「スカウト・ボバー(Scout Bobber)」が登場 価格は1万1499ドル〜


米・バイクメーカ「インディアン・モーターサイクル」が製造・販売するインディアン・スカウトのボバー・カスタム「インディアン・スカウト・ボバー(Indian Scout Bobber)」が公開されました。低い車高、短くカットされたフェンダー、そしてごっついタイヤとイカツクもスタイリッシュに仕上がっています。

Introducing Indian Scout Bobber – Indian Motorcycle – YouTube

1901年に設立され一時は世界最大のバイクメーカにまで成長したインディアン・モトサイクル社をルーツに持つアメリカで最も歴史のあるバイクブランド「インディアン」。1920年に生まれ会社が何度も倒産や転売などを繰り返しつつも何とか現在まで生き残っているインディアン・スカウトから40年代のダートトラック・スタイルを継承する「ボバー」スタイルが登場です。

1.

2.

3. 短くカットされたフェンダーとサイドマウントのナンバープレート。シート高は649mmです。

4. ヘッドライト

5. 100馬力の1130CCの水冷Vツインエンジンを搭載

6. バーエンド・ミラー。上下どちらにでも設置可能です。

7. デジタルタコメーター、オドメーター、トリップメーター、水温計、燃料警告灯。

8. タンク

9.

10.

11.

カラーは以下の4タイプ

12. サンダー・ブラック(Thunder Black)

13. ブロンズ・スモーク(Bronze Smoke)

14. インディアン・モーターサイクル・レッド(Indian Motorcycle Red)

15. スター・シルバー・スモーク(Star Silver Smoke)

気になる価格は1万1499ドル(約130万円)〜。日本での販売価格は200万円ちょっとくらいでしょうか。

スカウト・ボバーがエンジンをガンガン回しています……

ちなみに映画「世界最速のインディアン」でも描かれた、60歳を過ぎたバート・マンローがバイクで世界最速を記録したのが1920年型のインディアン・スカウトでした。

そしてマンロー氏に敬意を込めて製作されたインディアン謹製のショートフィルム「The Spirit of Munro」がこちらです。
世界最速の男バート・マンローに敬意を込めて製作されたインディアン謹製のショートフィルム「The Spirit of Munro」

ソース:2018 Indian Scout Bobber Motorcycle – Thunder Black

関連記事

超攻撃的な流線型フォルム、ロータス社初のスーパーバイク「C-01」が公開 - DNA

世界でもっとも美しいバイク「ブラフ・シューペリア SS100」が超現代的なスタイリングで復活 - DNA

世界のオークションで最も高く売れた歴史的なバイクトップ20 - DNA

むちゃくちゃ味のあるアメリカ・インディアンのアパッチ族の人々のポートレート26枚 - DNA

インドの街並みを美しく描いたバイクメーカー「Royal Enfield」のCM動画 - DNA

20世紀初頭の帝政ロシアで使われていた軍用モーターサイクルの画像いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧